ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 食の安全・安心推進課 > 食の安全・安心に関するリスクコミュニケーションの取組(平成21~25年度)

更新日付:2014年3月31日 食の安全・安心推進課

食の安全・安心に関するリスクコミュニケーションの取組(平成21~25年度)

■平成25年度の取組

[2013年6月8日]
BSE対策に関するリスクコミュニケーションを実施しました
BSEに関するリスクコミュニケーションの様子
日時:平成25年6月8日(土)13時30分~15時30分
場所:県民福祉プラザ4階 県民ホール(青森市中央3丁目20-30)
 
 牛海綿状脳症(BSE)対策については、国において、これまでの対策の見直しを行い、国産牛の検査対象月齢を30か月齢超から48か月齢超に引き上げることとし、平成25年7月1日からは全国一斉に全頭検査を見直すよう自治体に要請しています。
 説明会当日は、青森県における食肉衛生検査のほか、国におけるBSE対策に係る食品健康影響評価の結果や、これまでの対策と今後の対策の内容等について、県や国の担当者が説明した後、会場の参加者の方々と意見交換しました。
 参加者からは、全頭検査見直しに対する反対意見はなく、「もっと早くから見直して欲しかった」「県の方針を早く決定して欲しい」「消費者に分かりやすい説明をして欲しい」などの意見が出されました。
平成25年度のリスクコミュニケーション実施状況

■平成24年度の取組

20120718意見交換会
[2012年7月18日]

食品中の放射性物質による健康への影響や新基準値の考え方などについて理解を深めていただくことを目的に、関係省庁及び県の担当者による説明会と意見交換会を開催しました。
平成24年度のリスクコミュニケーション実施状況

■平成23年度の取組

平成23年度実施状況

■平成22年度の取組

食の安全に関する疑問
[2010年12月15日]

皆さん、普段の食生活の中で、不安を感じたことはありませんか?
県では内閣府食品安全委員会との共催で、「安全な食品って何だろう?」をテーマに食品のリスクを考えるワークショップを八戸市で開催しました。


当日は、グループワークを通じて参加者同士が気兼ねなく意見を交わしたり、「食の安全性の基本的な考え方」や「食の安全がどう守られているか」などを国や県の職員がお話しました。

■平成21年度の取組

20100129アフタヌーンカフェ
[2010年1月29日]

「アフタヌーンカフェ」と題して、食の安全・安心をテーマに消費者の方との意見交換会を開催しました。

20091110第45回消費者大会
[2009年11月10日]

「第45回青森県消費者大会(主催:NPO法人青森県消費者協会)」で食の安全・安心に関する意見交換会を開催しました。

この記事についてのお問い合わせ

食の安全・安心推進課
電話:017-734-9352 FAX:017-734-8086

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度