ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 食の安全・安心推進課 > あおもりの環境にやさしい農業

更新日付:2018年9月18日 食の安全・安心推進課

あおもりの環境にやさしい農業

環境にやさしい農業の推進

 県では、健康な土づくりをこのリンクは別ウィンドウで開きます基本として、化学肥料や化学合成農薬の使用を低減し、環境への負荷を軽減した環境にやさしい農業を推進しています。
 このような取組で作られた環境にやさしい農産物(エコ農産物)について、次のような制度があります。

エコファーマーマーク
あおもりエコファーマー認定制度このリンクは別ウィンドウで開きます
 「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」に基づき、土づくり、化学肥料の低減、化学合成農薬低減を一体的に行う生産計画を作成し、県知事から認定を受けた農業者が「エコファーマー」です。
 農業者が目標とすべき作物毎の具体的な生産方式は、「青森県持続性の高い農業生産方式の導入に関する指針」に定めています。
青森県特別栽培農産物認証票
青森県特別栽培農産物このリンクは別ウィンドウで開きます
化学肥料と化学合成農薬を使わないか、地域の栽培方法よりも50%以下に低減して栽培した農産物です。
有機JASマーク
<有機JAS(農林水産省HPへこのリンクは別ウィンドウで開きます)>
 化学肥料と化学合成農薬を米や野菜では2年前から、果樹は3年前から使用していない田や畑で、化学肥料と化学合成農薬を使わないで生産した農産物です。
 認定は、国に登録された認定機関が行っています。

◎「エコ農業出張講座」の御案内
 環境にやさしい農業とはどのような農業か、環境にやさしい農業に関する制度や県の取組を紹介し、環境にやさしい農業への理解促進を図るため、民間団体やNPOなどの各種団体が行う営利を目的としない集会や「あおもりエコ農産物販売協力店」の店員等を対象として勉強会を実施しています。
申込書など詳しくはこちらPDFファイル[95KB]をご覧ください。

環境にやさしい農産物(エコ農産物)の販売

 県内のエコ農産物販売協力店では、エコ農産物(有機農産物や県特別栽培農産物、エコファーマーが生産した農産物など)を取り扱っており、各店舗では、のぼりやリーフレットなどを活用してエコ農産物をPR販売していますので、ぜひ青森県産のエコ農産物を食べてみてください!
平成30年度の協力店は149店舗です。
 
◎平成30年度あおもりエコ農産物販売協力店はこちらPDFファイル[5725KB]
◎「平成29年度あおもりの環境にやさしい農業リーフレット」[2144KB]

販売強化月間の実施

 下記のエコ農産物販売協力店では、エコ農産物の販売促進に向け、「販売強化月間」を設定してPR販売を行っています。期間中は、店内の目立つ場所に商品コーナーを設けるなどして販売していますので、この機会にぜひエコ農産物をご購入いただき、「選んで美味しく食べて」環境にやさしい農業を応援してください。

エコ農産物販売強化月間実施中
店舗名 実施期間 PRの実施内容 主な取扱エコ農産物
中谷農園直売所 平成30年7月20日~8月20日 ●店内の目立つ場所に販売コーナーを設置。
●ポップ等を作成して「エコ農産物」をPR。
●試食販売を実施。
特別栽培、エコファーマーの野菜
あおもり県民生協 全12店舗

各店舗お問合せ先一覧[49KB]
平成30年7月21日~8月20日 ●店内の目立つ場所に販売コーナーを設置。
●チラシに掲載。
特別栽培のトマト
道の駅なんごう 平成30年8月1日~8月31日 ●店内の目立つ場所に販売コーナーを設置 有機JASの野菜
(株)さくら野百貨店青森本店 平成30年8月1日~8月31日 ●店内の目立つ場所に販売コーナーを設置 有機JASの野菜、
特別栽培のりんご・野菜全般
スーパーみなとや(売市店、河原木日計店、白銀大久保店) 平成30年10月20日~12月10日 ●店内の目立つ場所に販売コーナーを設置
●ポップ等で「エコ農産物」をPR
特別栽培のりんご

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

食の安全・安心推進課 環境農業グループ
電話:017-734-9353  FAX:017-734-8086

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度