ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 林政課 > 分収造林事業を始めたのはなぜですか?

更新日付:2013年5月30日 林政課

分収造林事業を始めたのはなぜですか?

回答

戦前・戦後の大量伐採で荒廃した森林の復興や、社会経済の急激な発展に伴う木材需要の高まりという時代の要請に応えるため、昭和40年代から全国的にスギなどの成長が早い樹種を植える「拡大造林政策」が国によって推進されました。
本県でも国の方針に即して拡大造林が進められ、資金や労働力の不足などで自力では造林が困難な土地所有者に代わって、公社が分収方式による造林事業を行うことにしたものです。

この記事についてのお問い合わせ

農林水産部林政課森林環境G
電話:017-734-9522  FAX:017-734-8145

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度