ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農林水産政策課 > 水田農業の革新技術緊急普及事業について

更新日付:2016年6月3日 農林水産政策課

水田農業の革新技術緊急普及事業について

水田農業の革新技術緊急普及事業について

 県では、水田農業の再構築を図るため、平成27年度からの2年間、県の重点事業として「水田農業の革新技術緊急普及事業」を実施しています。
 この事業では、地方独立行政法人青森県産業技術センターが開発した栽培等の技術のうち、低コスト化や収益力向上に特に高い効果が期待できる以下の3つの革新技術について、産業技術センターと連携しながら早期普及に取り組んでいます。

1 耕起作業を省略できる水稲V溝乾田(ぶいみぞかんでん)直播(ちょくは)栽培技術
2 大規模経営に対応できる播種期を遅らせた大豆狭畦(だいずきょうけい)栽培技術
3 にんにく収穫後の間断乾燥による燃料消費節減技術 

現地研修会、検討会等について

 地方独立行政法人青森県産業技術センターでは、この革新技術を、現地生産者の皆様にじかに見てもらうため、現地研修会や検討会等を開催しています。
 詳細については、地方独立行政法人青森県産業技術センターホームページをご覧くださいますようお願いします。

地方独立行政法人青森県産業技術センターホームページ
「水田農業の再構築」に役立つ革新技術についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

「水田農業の再構築に向けた革新技術実証事例集」について

 取組の一環として、現地に設置した実証ほの生育状況や収量に加え、労働時間や経営費等について、先行事例も含めて取りまとめました。
 実証ほをお引き受けいただいた皆様に深く感謝申し上げるとともに、県内生産者の皆様には本事例集を御参照頂き、革新技術の導入による水田農業の経営力強化に向けた取組の参考として頂ければ幸いです。

添付資料
27革新技術実証事例集(水稲V溝乾田直播、大豆狭畦栽培、にんにくの間断乾燥(12月出庫までの暫定))PDFファイル[2,451KB]
27革新技術実証事例集(にんにく間断乾燥 12月出庫+2月出庫)PDFファイル[878KB]

この記事についてのお問い合わせ

農林水産政策課 産業技術研究推進グループ
電話:017-734-9474  FAX:017-734-8133

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度