ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 農林水産政策課 > 「労働力不足に対応した機械化農業推進事業」成果報告会を開催しました!

更新日付:2018年3月2日 農林水産政策課

「労働力不足に対応した機械化農業推進事業」成果報告会を開催しました!

  ロボット技術やICTなどを活用した最新の農業技術等に関する講演とともに、最先端省力化農業機械の実証試験結果を紹介した「労働力不足に対応した機械化農業推進事業」成果報告会を以下のとおり開催しました。
 当日は生産者や関係団体、関係機関から約160名の参加がありました。

〇日時:平成30年2月9日(金)14時45分~16時00分
〇場所:青森国際ホテル3階萬葉の間
〇内容
(1)講演(14時45分~15時30分)
「ロボット技術及びICTの農業への応用」
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
農業技術革新工学研究センター
スマート農業研究統括監 貝沼 秀夫氏

(2)最先端省力化農業機械の実証試験結果報告(15時30分~16時00分)
〇「自動直進田植機による水稲移植作業」、「自動操舵装置付きトラクタによる稲わらすき込作業」
地方独立行政法人青森県産業技術センター
農林総合研究所 作物部 部長 野沢 智裕氏
〇「自動操舵装置付きトラクタによるごぼうの播種溝掘作業及び収穫作業」
地方独立行政法人青森県産業技術センター
野菜研究所 栽培部 主任研究員 今 智穂美氏
〇「自動走行機能付き高機動畦畔草刈機による畦畔草刈作業」
地方独立行政法人青森県産業技術センター
農林総合研究所 作物部 研究員 千葉 祐太氏

(3)メーカーによる最先端農業機械関係展示(12時00分~)
・(株)みちのくクボタ
・(株)ヰセキ東北
・ヤンマーアグリジャパン(株)
・(株)ササキコーポレーション
講演する貝沼スマート農業研究統括監
貝沼スマート農業研究統括監による講演
たくさんの皆様が参加
たくさんの皆様が参加
最先端省力化農業機械関係展示
アシストースーツの実演
※成果報告会資料は添付ファイルを参照ください。

この記事についてのお問い合わせ

農林水産政策課産業技術研究推進グループ
電話:017-734-9474  FAX:017-734-8133

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度