ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 青森県営農学校 > 寮生活心得

更新日付:2020年4月1日 青森県営農大学校

寮生活心得

寮生は、諸規則及び寮生活心得を守って、規律と責任を重んじ、協調性と自主性を高め、健康で教養ある社会人となるため、明るく、楽しい共同生活を営まなければならない。

(学習)
常に現状に満足せず、疑問と研究心を持ち、積極的に学習に努めること。

(行動)
寮生は、相互の協力により、責任ある自主生活を営むため、次の事項を守ること。
1  諸規則を守り、寮生相互の生活を尊重し、他人に迷惑を及ぼさないこと。
2  常に寮の環境美化・清掃に努めること。
3  他人の部屋に無断で立ち入らないこと。
4  異性の部屋に立ち入らないこと。
5  節度ある生活を心がけること。
6  時間を厳守すること。

(礼儀)
1  お互いに、親睦を図るよう心がけ、あいさつを交わすこと。
2  風紀を乱す者には、お互いに注意し合うこと。

(保健・衛生)
1  常に住みよい環境を作り、健康な生活ができるよう、各自が努力すること。
2  常に清潔を保ち、各自健康管理には十分気をつけること。
3  身体に異常が生じたときは、速やかに連絡し、処置を受けること。なお、本人が困難な場合は、代理者が補助すること。

(服装)
服装は、寮生の誇りと個人の人格を現すものであるから、常に清潔で、しかも質素で活動的なものであること。

(盗難の防止)
金銭の保管等については自己責任とし、寮室の施錠等に留意すること。

(寮施設・備品等の取扱い)
1  寮の施設・備品等の維持保全に努め、いかなる場合にも落書き・汚損・破損しないこと。
2  公共物の取扱に注意し、破損又は紛失した場合は「施設・備品等破損(紛失)届」により、速やかに校長に申し出で指示を受けること。

(火災・天災発生時の対応)
1  火災・天災発生の場合は、別に定める「学生寮自衛消防隊設置要領」に基づき、速やかに寮内に周知するとともに、各自の任務を遂行し、専任当直員や指導職員等に連絡すること。
2  消火器・火災報知機など非常時に使用するものは、訓練時以外は操作してはならない。
3  防火組織・避難場所等を事前によく知っておくこと。

(火気・電気使用)
1  火気・電気器具・炊事具等は校長の許可を得たものに限り、定められた場所で、指示事項厳守の上使用すること。
2  冬期間(12~3月)の休日等において、発熱等の体調不良により夜間の暖房が必 要な場合は、「電気ストーブ等貸出・使用願」を校長に提出し、許可を得た上で使用すること。

(その他)
外来者といえども、大学校諸規則・寮生活心得を厳守すること。
[様式ダウンロード]
施設・備品等破損(紛失)届PDFファイル[48KB]このリンクは別ウィンドウで開きます
電気ストーブ等貸出・使用願PDFファイル[58KB]このリンクは別ウィンドウで開きます

この記事についてのお問い合わせ

青森県営農大学校 教務研修課
電話:0176-62-3111(代表)  FAX:0176-62-3986

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度