ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 団体経営改善課 > 平成30年産りんご共済(特定危険方式、総合短縮方式)の加入申込み受付について

更新日付:2017年12月04日 団体経営改善課

平成30年産りんご共済(特定危険方式、総合短縮方式)の加入申込み受付について

りんご共済とは

 りんご共済は、生産者の皆様があらかじめ共済に加入することによって、自然災害などでりんごが被害を受けた際に共済金を受け取ることができる国の災害補償制度です。
平成29年においては、暴風雨による果実の落果やひょう害などの自然災害が発生しています。
いつ起きるかもしれない自然災害から自らの経営を守るため、りんご共済に加入しましょう。
「りんご共済1箱運動」展開中!
~1反歩1箱相当の負担で、りんご共済に加入できます。自然災害からりんご経営を守りましょう。~

りんご共済の内容(特定危険方式、総合短縮方式)

 生産者がそれぞれ、個々の経営状況や、園地条件などを考慮して、加入方式を選択できるようになっています。
 現在、次の加入方式の申込みを受け付けています。
1  特定危険方式
 特定の災害に限定した加入方式で、下記の3通りの中から選択できます。
 ・1点方式(「暴風雨」、「ひょう害」、「凍霜害」のいずれか1つを選択し、対応)
 ・2点方式(「暴風雨+ひょう害」に対応)
 ・3点方式(「暴風雨+ひょう害+凍霜害」に対応)
2 総合短縮方式
 発芽(4月)から収穫までの約8か月間を補償期間として、自然災害(風水害、ひょう害など)、病虫害、鳥獣害が対象となります。
以下の加入方式の申込受付は終了しています。
・平成30年産総合一般方式
 補償対象:全ての自然災害、病虫害、鳥獣害等
 補償期間:花芽形成期(H29.7月)から翌年(H30年)の収穫期
・平成29年度樹体共済
 補償対象:全ての自然災害、病虫害、鳥獣害等による樹体の損傷
 補償期間:平成29年7月11日から1年間

 なお、平成31年産総合一般方式及び平成30年度樹体共済の加入申込みの受付期間は、平成30年6月5日~平成30年7月5日となっています。

 りんご共済のチラシはこちら[1748KB]よりダウンロードできます。

加入申込みの期間

 平成29年12月1日(金)~平成30年3月23日(金)まで

加入申込みの場所

津軽広域農業共済組合 
住所:五所川原市大字金山字竹崎203-4 区域:東青地域(旧浪岡町を除く)、西北地域
電話番号(担当者):0173-33-1513(木村、成田)
ひろさき広域農業共済組合
住所:弘前市大字門外字村井262 区域:中南地域、旧浪岡町
電話番号(担当者):0172-28-5700(成田、工藤、齊藤)
南部地域農業共済組合 
住所:十和田市大字三本木字里ノ沢1-47 区域:県南・下北地域
電話番号(担当者):0176-22-8101(原、大久保)
青森県農業共済組合連合会 
住所:青森市本町5-5-21 
電話番号(担当者):017-775-1161(山口、三浦)

 農業共済組合では、連絡をいただければ、ご自宅に伺うなどして、経営状況に応じた内容で加入方法のシミュレーションをするなど、きめ細やかなご相談に応じますので、まずはお気軽にお電話ください。

この記事についてのお問い合わせ

団体経営改善課 農業団体指導グループ
電話:017-734-9459  FAX:017-734-8138

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度