ホーム > 組織でさがす > 観光国際戦略局 > 国際経済課 > 台湾企業とのネットワーク構築事業・ものづくりマッチング商談会 in 台湾(台北市)・タイトロニクス見本市 参加企業募集

更新日付:2018年6月28日 国際経済課

台湾企業とのネットワーク構築事業・ものづくりマッチング商談会 in 台湾(台北市)・タイトロニクス見本市 参加企業募集

 青森県及び株式会社青森銀行では、海外取引の拡大を目的として、台湾企業等とのネットワーク構築(交流会及び視察等)、台湾企業とのマッチング商談会及びタイトロニクス見本市へ参加・出展する県内ものづくり関連企業を募集します。
 台湾を始めとしたアジアでの海外取引の拡大を目指す県内企業の皆様の応募をお待ちしています。

出展申込締切 平成30年7月27日(金)必着

事業概要

◆技術交流会・マッチング商談会

【日時】平成30年10月8日(月)10時~17時

【会場】台湾世界貿易センター会議室(住所:臺北市信義路五段五號)

【内容】
・技術交流会:台湾企業に対して自社の製品や技術をプレゼンテーション、台湾企業と昼食をとりながら意見交流
・マッチング商談会:1社につき台湾企業4~5社程度をマッチング

◆タイトロニクス見本市

【日時】平成30年10月9日(火)~12日(金)の4日間 10時00分~17時00分(最終日のみ16時00分まで)

【会場】南港展示ホール(住所:台北市南港區經貿二路一號)

【昨年度実績】出展者数:383機関、808ブース、来場者数18,958名

【ブース】1社につき1/2ブースを予定(1ブース3m×3m=9㎥)

【出展物】県内ものづくり企業が製造する製品や保有する技術等(加工食品等を除く。)

 ※詳細はこちらのホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますもご参照ください。

◆現地視察等

【内容】(1)台湾基礎講義(2)県誘致企業の現地法人訪問(3)現地企業訪問(4)タイトロニクス見学(5)市場調査

参加企業の負担と県及び青森銀行の支援

参加企業の負担
・参加スタッフの旅費及び現地滞在に要する費用(交通費、宿泊費等)
・技術交流会(昼食会)の食事代
・製品サンプル代
・独自のパンフレット、PR用品等
・輸送費およびそれに付随する費用
・特別な備品のレンタル経費
・個別企業訪問の通訳の交通費・宿泊費等
県及び青森銀行の支援
・現地支援機関、関係団体等のネットワークを活用した、台湾企業とのネットワーク構築の機会の創出
・基本日程での同行サポート
・商談機会の創出(1社につき4~5社程度)
・技術交流会・商談会 会場費
・企業1社につき1名の通訳の配置(商談会)
・個別企業訪問での通訳配置(1社につき1名最大8時間まで)
・タイトロニクス出展ブース代及び出展に係る基本備品代
・タイトロニクス出展1ブースにつき1名の通訳配置(2社で1名)
・企業情報の翻訳(A4・1ページ)
・技術交流会用資料の翻訳(パワーポイント2~3枚程度)
・現地視察時の借り上げバス代
※ 詳細は下記掲載の「企業募集要項」をご覧ください。

参加の主な条件と申込み

参加の主な条件
(1)県内に事業所を有するものづくり企業等(食品加工を除く)であること。
(2)タイトロニクス見本市出展者は、ブースでアテンド・商談することができること。
(3)商談会参加者及びタイトロニクス見本市参加者は県からの商談結果のアンケート等に協力できること。
参加申込み
平成30年7月27日(金)までに、申込書を電子メール・FAX・郵送のいずれかで送付願います。(申込書様式は下記に掲載しています。)
募集企業は技術交流会(発表者)が5社程度、商談会が最大8社、タイトロニクスが最大6社(技術交流会・商談会・タイトロニクス出展・現地視察等は、日程が重複市内範囲で複数への参加が可能です。)を定員とし、応募者多数の場合は、一部を除き原則として先着順で決定します。

この記事についてのお問い合わせ

国際経済課 経済交流グループ
電話:017-734-9730  FAX:017-734-8119

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度