ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 世界文化遺産登録推進室 > 令和2年度 第3回縄文“体感”世界遺産講座を行いました!

更新日付:2020年6月10日 世界文化遺産登録推進室

令和2年度 第3回縄文“体感”世界遺産講座を行いました!

令和2年度第3回縄文“体感”世界遺産講座の様子1
6月5日金曜日に八戸市立是川小学校で、令和2年度 第3回縄文“体感”世界遺産講座を開催しました。
世界文化遺産登録推進室の岡田室長と職員が講師を務め、5年生と6年生あわせて約50名が受講しました。
令和2年度第3回縄文“体感”世界遺産講座の様子2
講座の前半では、社会の授業でも学んでいる世界遺産の概要や、縄文時代のくらしのこと、そして是川小学校の近くにある是川石器時代遺跡をはじめとした「北海道・北東北の縄文遺跡群」の縄文遺跡について説明しました。
令和2年度第3回縄文“体感”世界遺産講座の様子3
講座の後半では、特別史跡三内丸山遺跡から出土した土器や石器、土偶などを間近で観察し、教科書に掲載された写真ではわからない、縄文時代の人々の知恵や工夫を理解してもらいました。
また代表で選ばれた児童に実際に土器を持ってもらい、煮炊きに使った土器の本物の質感などを感じてもらいました。

今年は新型コロナウィルス感染症の影響などもあり、6年生が社会の授業で縄文時代を学ぶのはこれからということでしたが、今日見たこと、感じたことを授業にも役立ててもらえたらと思っています。そして2021年、是川石器時代遺跡が世界遺産になるように、是川小学校の皆さん、これからも応援よろしくお願いいたします。

この記事についてのお問い合わせ

世界文化遺産登録推進室
電話:017-734-9183  FAX:017-734-8128

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度