ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 世界文化遺産登録推進室 > 「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョンの策定について

更新日付:2020年3月23日 世界文化遺産登録推進室

「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョンの策定について

 県では、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録を見据え、世界遺産登録の効果を、地域づくり、人づくり、観光など幅広い分野で最大限活用するため、県民が一体となって取り組むための活動指針となる「『青森の縄文遺跡群』活用推進ビジョン」を策定しました。

「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョンの概要

名称
「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョン
~「みんなが集う憩いの場 世界に誇る『JOMON』遺跡群」をめざして~
構成
 2030年における将来像の実現をめざし、3本の基本方針を柱として、保存管理、受入態勢整備、人づくり、誘客・集客、生業づくりなど8つの分野における施策レベルでの取組の方向性を示すとともに、各主体が短期(2021年前後)、中長期(2030年まで)の視点で状況に応じて選択的に取り組む具体例を列挙しています。
 【将来像】  みんなが集う憩いの場。世界に誇る「JOMON」遺跡群。
  • 基本方針1 『未来へつなぐ、縄文遺跡群』 遺跡が映えるまちの魅力づくり
  • 基本方針2 『おもてなしあふれる、縄文遺跡群』 遺跡を核とした活力ある地域づくり
  • 基本方針3 『世界から選ばれる、縄文遺跡群』 価値・魅力の発信と多様な連携の仕組みづくり

策定の経過

 県では、2019(平成31)年2月「『青森の縄文遺跡群』活用推進ビジョン策定作業部会」を設置し、策定に向けた庁内関係課等による協議・検討等を開始しました。また、2019(令和元)年5月には、有識者等や遺跡活用団体、関係市町を委員とする「『青森の縄文遺跡群』活用推進ビジョン策定委員会」を設置し、ビジョンの原案等について、意見交換を行い、検討を重ねました。
 本ビジョンは、本策定委員会で了承された原案をもとに、2020(令和2)年3月23日に県が策定しました。
 策定の経過は以下のとおりです。

策定経過一覧
時期 内容
2019(平成31)年2月18日 「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョン策定作業部会設置
2019(平成31)年2月25日 第1回「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョン策定作業部会において、骨子案を検討
2019(令和元)年5月15日 「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョン策定委員会設置
2019(令和元)年5月27日 第1回「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョン策定委員会において、骨子案を検討
2019(令和元)年7月3日 第2回「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョン策定作業部会において、検討案を検討
2019(令和元)年7月29日 第2回「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョン策定委員会において、検討案を検討
2019(令和元)年10月3日 第3回「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョン策定作業部会において、素案を検討
2019(令和元)年10月29日 第3回「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョン策定委員会において、素案を検討
2019(令和元)年12月10日
~2020(令和2)年1月8日
原案を公表するとともに、パブリックコメントを実施
2020(令和2)年1月16日 第4回「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョン策定委員会において、原案を了承
2020(令和2)年3月23日 「青森の縄文遺跡群」活用推進ビジョン策定委員会の原案をもとに県が策定

関連ページ

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度