ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 世界文化遺産登録推進室 > 【一般投票・アンケート実施中!】2021年版「縄文あおもりカレンダー」原画応募作品一般投票の実施について

更新日付:2020年9月25日 世界文化遺産登録推進室

【一般投票・アンケート実施中!】2021年版「縄文あおもりカレンダー」原画応募作品一般投票の実施について

青森県では、 2021年の世界遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の価値を広くPRし、地域で守り伝えていくべき宝としての理解を深めるため、青森県の縄文遺跡群を題材にカレンダーの原画を募集し、2021年版「縄文あおもりカレンダー」を作成します。

「世界に誇るJOMON遺跡群」をテーマに、青森県内の児童・生徒を対象に原画を募集したところ、51点のご応募がありました。たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
審査員による事前審査の結果、優秀賞・特別賞候補作品として25点が選ばれましたのでご紹介します。

最終審査では、カレンダーの原画に採用する優秀賞作品6点及び特別賞作品1点を選びます。
その参考とするため、ウェブアンケート等により一般投票を実施しますので、みなさまの心に響く作品を6点までお選びください。
また、北海道・北東北の縄文遺跡群に関するアンケートも実施しますので、ご協力くださるようお願いします。
なお、最終審査の結果は受賞者へ通知するとともに、当ホームページでお知らせします。

原画募集の詳しい内容についてはこちらのページをご覧ください。

縄文あおもりカレンダー一般投票チラシ
縄文あおもりカレンダー一般投票 チラシPDFファイル[1143KB]このリンクは別ウィンドウで開きます

投票方法

次のどちらかの方法により投票をお願いします。

アクセス用QRコード

青森県電子申請・届出システム
〔アクセス用QRコード〕
  • もんこけ1
  • もんこけ2
回答していただいた方の中から抽選で100名様に縄文グッズをプレゼント!!
更にその中から10名様にオリジナル縄文こけし「もんこけ」をプレゼント!!

(「もんこけ」はどちらか1種類(選択不可)のお届けとなります。)

※ご希望の方はメールアドレスの項目を忘れずに記入してください。

一般投票・アンケート実施期間

令和2年10月18日(日曜日)まで

優秀賞・特別賞 候補作品

候補作品(25点)の、作品・作品名・伝えたいことは次のとおりです。
縄文の魅力が表現され、あなたの心に響く作品を6点までお選びください。
(各画像をクリックすると拡大画像が別ウィンドウで開きます。)
また、候補作品一覧PDFファイル[6674KB]このリンクは別ウィンドウで開きますでは、事前審査での審査員コメントの一部を紹介しています。
あわせてご覧ください。

  • No.1
    No.1 「縄文人の浪漫」(小6)
    三内丸山遺跡のくらしの風景をかきました。
    初めて三内丸山遺跡に行ったとき、
    こんなに大きな集落があったことに感動しました。
    今までいろいろな縄文体験をしました。
    小さな布を編むのにとても時間がかかったり、
    土器は形がくずれやすくて苦労したり、
    石器で魚をさばくと切れ味があまりよくなくて
    力が必要だったりして、昔の人のくらしの
    大変さがわかりました。
    そういう縄文人の知恵のすばらしさがわかる
    青森県の縄文遺跡群の魅力を世界にも伝えたいです。
  • No.2
    No.2 「三内丸山遺跡の風景」(中3)
    三内丸山遺跡の広さと、
    自然の豊かさを、
    空の青さと緑の多さで表現しました。







     
  • No.3
    No.3 「変わらない いつもの朝」(高1)
    縄文時代の生活風景を想像して描きました。
    少し赤くなっているのは朝焼けです。


     
  • No.4
    No.4 「ものおくり」(小2)
    縄文人が、つかいおわったものや
    大切にしているものを、土や川に
    返すところを描きました。
    是川縄文館でスケッチするのが
    楽しかったです。
  • No.5
    No.5 「むかしの かっこいい イノシシ」(小2)
    イノシシがかっこいいなと
    思ったからです。

     
  • No.6
    No.6 「おかあさんと おしゃれ」(小2)
    遺跡を見に行ったときに、縄文時代のいろいろな
    アクセサリーを見つけました。
    縄文時代の女の人たちも、今と同じように
    おしゃれをしていたんだなぁと思って描きました。
  • No.7
    No.7 「しかがり」(小6)
    縄文時代は、シカとかの肉を狩るのが
    大変だと思うので、
    それを作品にしました。


     
  • No.8
    No.8 「豊漁の喜び」(中1)
    縄文の頃の是川は今よりも海に近く、
    山の幸だけではなく
    海産物もたくさん出土しています。
    豊漁の日の縄文人の喜びを、
    私の好きな土器と土偶を使い、
    想像して描きました。
  • No.9
    No.9 「マンモス」(中2)
    昔の人の生活を再現して
    過酷さを伝えたい。



     
  • No.10
    No.10 「狩人」(中2)
    縄文時代の人々は、薄着で夏や冬、
    季節に関係なく狩りをしている
    イメージがあります。
    僕の作品は、そんな厳しい環境の中、
    日焼けしている分厚い背中をした
    狩人を描きました。
  • No.11
    No.11 「親子の絆」(中2)
    いつの時代も、大切な人といるときは、
    幸せな気持ちになること。
  • No.12
    No.12 「縄文の世界 ~古き良き時代~」(中2)
    三内丸山遺跡の魅力や、縄文時代の世界観を
    全面的に伝えたかった。
  • No.13
    No.13 「土器を作る人」(中3)
    この絵で縄文人が作る縄文土器の難しさや
    すばらしさを描いてみて、改めて感じました。
    縄文土器という大昔のものが残っていることが
    当時の様子を想像できて楽しかったです。
  • No.14
    No.14 「土器と縄文」(高1)
    土器とともに生きた縄文の人々の自由な暮らし


     
  • No.15
    No.15 「人」(高1)
    真ん中にある青い勾玉は
    「子どもや赤ちゃん」を表しました。
    そして、自分の子を包み込むように大きな
    手の持ち主は母か父です。
    大きな目は、子や自分やムラの人たちに災いが
    ないように見守る人々の思いを込めました。
    下にあるオレンジの太陽は未来を照らします。
     
  • No.16
    No.16 「どぐうさんに おねがい」(小2)
    青森県にはたくさんの縄文遺跡があります。
    わたしがいろいろな縄文遺跡に行ったとき、
    その場所によって違う、いろいろな形の土偶を見て、
    とてもおもしろいなと思って調べてみると、
    縄文時代の人たちが土偶に祈りを込めて
    いたのではないかとわかって、わたしが見た土偶と、
    縄文時代の人たちを描きました。
    もっといろいろな土偶を見てみたいです。
  • No.17
    No.17 「だいすき縄文時代!!」(小4)
    茶色が多い中で土偶や土器を目立たせる影や
    色合いを変えていくことを努力しました。
    縄文時代だいすきです。


     
  • No.18
    No.18 「亀ヶ岡の美 ~クール・シャコ・ジャパン~」(小5)
    シャコちゃんの大きい目や、うずまき文様が
    とてもかっこいいです。
    他にも、あさばち(浅鉢)形土器のはっきりしている
    赤うるしと黒うるしの色がステキです。
    世界のみんなにこの文化を伝えたいです。
    縄文晩期にタイムスリップしていっしょに作ってみたいです!!
  • No.19
    No.19 「土の中から」(小6)
    昔からきれいに立体をつくるのは
    難しかったと思いました。
    完全な形で残っていたのは不思議と思いました。
  • No.20
    No.20 「大昔の傑作品」(小6)
    縄文時代の土器職人は
    このような難しい土器を作っていたと思うと、
    ものすごく上手だと思いました。
  • No.21
    No.21 「よみがえる土偶」(小6)
    長い時をこえて地面から姿を現す、
    遮光器土偶のことを伝えたいです。
  • No.22
    No.22 「土偶が見た縄文のくらし」(中3)
    縄文と言えば土偶のイメージが強いです。
    その遮光器土偶を全面的に描きました。
  • No.23
    No.23 「土偶と縄文の世界」(中3)
    土偶の可愛さや
    縄文時代の自然の素晴らしさを
    表現しました。
  • No.24
    No.24 「発掘?板状土偶」(高2)
    板状土偶を、粘土と絵の具を使って
    自分で作ってみました。
    気分は縄文人でした。
  • No.25
    No.25 「JOMON☆SHINE」(高2)
    土偶の見た目がなんだかすてき、と思ったのが
    この絵を描いたきっかけです。
    上半分では形に秘められたかわいさや
    ユニークさをイメージし模様にして、
    下半分では縄文土器からあふれ出る力強さを
    ツートンカラーでおしゃれさも出しつつ表しました。

青森県の縄文遺跡群

 青森県の縄文遺跡群の詳細については、当ホームページのほか、次のホームページをご覧ください。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度