ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 世界文化遺産登録推進室 > 【一般投票・アンケート実施中!】「縄文あおもりカレンダー」原画応募作品一般投票の実施について

更新日付:2018年10月3日 世界文化遺産登録推進室

【一般投票・アンケート実施中!】「縄文あおもりカレンダー」原画応募作品一般投票の実施について

青森県では、 2020年の世界遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の価値を広くPRし、地域で守り伝えていくべき宝としての理解を深めるため、青森県の縄文遺跡群を題材にカレンダーの原画を募集し、2019年版「縄文あおもりカレンダー」を作成します。

青森県内の児童・生徒を対象に、ロマンあふれる縄文遺跡の風景や暮らしのイメージ、遺跡を訪れて感動した体験など、「伝えたい“縄文の魅力”」をテーマに原画を募集し、事前審査の結果、優秀賞候補作品として16点が選ばれましたのでご紹介します。

最終審査では、カレンダーの原画に採用する優秀賞作品6点を選びます。
その参考とするため、ウェブアンケート等により一般投票を実施しますので、みなさまの心に響く作品を6点までお選びください。
また、北海道・北東北の縄文遺跡群に関するアンケートも実施しますので、ご協力くださるようお願いします。
なお、最終審査の結果は受賞者へ通知するとともに、当ホームページでお知らせします。

原画募集の詳しい内容についてはこちらのページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

縄文あおもりカレンダー一般投票チラシ

縄文あおもりカレンダー一般投票 チラシPDFファイル[1778KB]このリンクは別ウィンドウで開きます

投票方法

次のどちらかの方法により投票をお願いします。

  • 「青森県電子申請・届出システム」を利用したウェブアンケート
    1) パソコン、スマートフォン等により、「青森県電子申請・届出システム」をご覧ください。
    2) トップページより、手続き名「2019年版「縄文あおもりカレンダー」原画応募作品一般投票・アンケートこのリンクは別ウィンドウで開きます」を選択してください。
    3) 原画投票及びアンケートにお答えください(利用者登録不要)。
    ※回答していただいた方の中から抽選で50名様に縄文グッズをプレゼント!!
    (ご希望の方はメールアドレスの項目を忘れずに記入してください。)
アクセス用QRコード

青森県電子申請・届出システム
〔アクセス用QRコード〕
  • 三内丸山遺跡縄文時遊館での投票
    三内丸山遺跡このリンクは別ウィンドウで開きますへご来場の際に投票をお願いします。
    開館時間 午前9時~午後5時
    ※投票いただいた方全員に、縄文遺跡群オリジナルクリアファイルをプレゼント!!

一般投票・アンケート実施期間

平成30年10月22日(月曜日)まで

優秀賞候補作品

優秀賞候補作品(16点)の、作品・作品名・伝えたい“縄文の魅力”は次のとおりです。
縄文の魅力が表現され、あなたの心に響く作品を6点までお選びください。
(各画像をクリックすると拡大画像が別ウィンドウで開きます。)

  • No.1
    No.1 「じょうもんじだいへタイムスリップ」(小1)
    縄文時代のものが沢山残っていて
    すごいと思いました。
    そして、縄文人の工夫や能力にびっくりしました。
  • No.2
    No.2 「なかよしで元気な土偶家族」(小3)
    家族4人で三内丸山遺跡に行ったとき、
    縄文時代の家族もなかよしで元気に
    くらしていたのかなと思って描きました。
  • No.3
    No.3 「壮大な遺跡」(中1)
    三内丸山遺跡の壮大さを一人でも多くの人に
    知ってもらいたいという想いを表しました。
     
     
  • No.4
    No.4 「タイムスリップした気分」(中3)
    ここに来たとき、不思議なことに、
    縄文人になったような気分になります。
    僕は、この遺跡が世界遺産に早くなって
    ほしいと思っています。
  • No.5
    No.5 「ワクワクいっぱい縄文時代」(小2)
    土や石から工夫して、いろいろな物を作り出した
    縄文人のすごさとすばらしさ、そしてそれを見て
    わくわくした気持ちを伝えたくて絵を描きました。



     
  • No.6
    No.6 「星空の下 ~時空をこえて~」(小5)
    土偶は2体しか描いていないけれど、土偶には
    個性というものがあります。この絵の土偶は
    私のすんでいるところにある是川遺跡の中でも
    お気に入りの土偶です。今と変わらない星空の
    下で縄文の人たちもこれらの土偶を大切に
    思っていたに違いない。
    そのような思いで描きました。
  • No.7
    No.7 「是川の宝物」(小5)
    是川の遺跡から出てきた宝物が私は大好きです。
    クラスのみんなにも近くにこんなすごいものが
    あることを知ってほしいです。
  • No.8
    No.8 「新しい縄目もよう」(小6)
    縄文土器はいろいろな模様があり、
    見ていて飽きないということを
    伝えたかったです。
  • No.9
    No.9 「縄文の祈りと小牧野遺跡」(小6)
    環状列石がある青森市の小牧野遺跡について
    描きました。そこで縄文人はどのような祈りを
    こめたのかを想像して表しました。
  • No.10
    No.10 「縄文のくらし」(中1)
    縄文時代に狩りをして、今とはちがった
    生活の仕方だということ。
     
  • No.11
    No.11 「家族の団らん」(中1)
    家族で協力して狩りや漁をし、女の人は料理を。
    家族団らんの一時。いろんなことを話し、いつも
    みんな笑顔でいたいとい思う魅力を描きました。
  • No.12
    No.12 「君の時代は。」(中1)
    現代と縄文時代の服や道具、動物、住居の
    違いを知ってほしいと思って描きました。
     
  • No.13
    No.13 「たすけ合い ~縄文~」(中3)
    何を採っても誰が捕ってもみんなで分け合う。
    助け合って暮らすのは、この時代から
    続いていることを分かってほしい。
  • No.14
    No.14 「ドキドキでてくるかな?」(小1)
    わたしは縄文時代が大好きです。
    発掘体験は土器や土偶がとても古いものだ
    ということがわかるおもしろい体験です。
  • No.15
    No.15 「上手に土偶できるかな?」(小4)
    土偶はおもしろい形をしていて、
    作るのは大変だと思いました。
     
  • No.16
    No.16 「今夜のごちそう発見!」(小4)
    弓矢の体験をしたら縄文人もこんなふうに
    使っていたのかなと思って、縄文の生活を
    絵にしました。

青森県の縄文遺跡群

 青森県の縄文遺跡群の詳細については、当ホームページのほか、次のホームページをご覧ください。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度