ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 世界文化遺産登録推進室 > 三内丸山遺跡でギネス世界記録が誕生しました!!

更新日付:2017年11月7日 世界文化遺産登録推進室

三内丸山遺跡でギネス世界記録が誕生しました!!

ギネス世界記録認定証
祝!ギネス世界記録達成!!
チャレンジャーの皆様、ありがとうございました。


平成29年11月5日(日)、三内丸山遺跡に新たな歴史が刻まれました。
300人のチャレンジャーが「世界最大の考古学授業」と題したギネス世界記録に挑戦し、見事に記録を達成!!
寒空のなか参加くださいました皆様、ご参加いただき、誠にありがとうございました。

ギネス世界記録に挑戦!-世界最大の考古学授業-開催概要

ギネス世界記録認定証
【認定記録】
 Largest archaeology lesson
(考古学レッスン最多参加人数)


【認定日時】
 平成29年11月5日(日)

【主な認定条件】
■考古学の専門家が授業を行うこと
■少なくとも30分以上の授業を行うこと
■授業終了時点で一定の有効参加人数を満たしていること(283人)

ギネス世界記録への挑戦会場:大型竪穴住居。
肌寒いあいにくの天候にも関わらず、300人のチャレンジャーが、お集まりくださいました。
菊池徹夫先生
講師を務めるのは、早稲田大学名誉教授・菊池徹夫先生。
・考古学とは、どんな学問か?
・縄文時代や縄文文化とは?
・三内丸山遺跡の世界に誇れる価値とは? 
などをわかり易く教えてくださいました。
菊池徹夫先生の授業を熱心に聴き入るチャレンジャーの皆さん。
判定員が見守るなか、約50分間の考古学授業が終了し、判定の時を迎えます。
はたして結果は!?
判定結果発表
判定結果を発表するギネスワールドレコーズ 公式認定員 マクミラン 舞さん。
発表を前に緊張感が会場を包みます。
判定結果発表
ギネスワールドレコーズの定めるルールをクリアし、見事、世界記録に認定!!
会場が歓喜とお祝いムードに包まれました。

ギネス世界記録認定証を囲んで、記念写真をパチリ♪
(左から、三村知事、菊池徹夫先生、ギネスワールドレコーズ公式認定員 マクミラン舞さん)
判定結果発表
三内丸山遺跡のマスコットキャラクター・“さんまる”も加わり、三内丸山遺跡のシンボル・大型掘立柱建物跡で記念撮影
認定証授与
最後に、チャレンジャーの皆さんと一緒に記念写真撮影。
参加いただきました皆さんのおかげで、三内丸山遺跡の歴史に新たな1ページが刻まれました。

この記事についてのお問い合わせ

世界文化遺産登録推進室
電話:017-734-9183  FAX:017-734-8128

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度