ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 世界文化遺産登録推進室 > 平成30年度「縄文“体感”世界遺産講座」実施団体を募集します!

更新日付:2018年4月4 日 世界文化遺産登録推進室

平成30年度「縄文“体感”世界遺産講座」実施団体を募集します!

青森県では、特別史跡三内丸山遺跡をはじめとする「北海道・北東北の縄文遺跡群」の価値や魅力を次の世代に引き継ぐため、県内の児童生徒、教職員及び一般県民を主な対象に「縄文“体感”世界遺産講座」を開催します。

本講座では、知事、教育長、考古学等の専門家又は専門職員が学校等に出向き、県内の縄文遺跡の価値や魅力、世界遺産登録をめざす取組等について解説します。
平成30年度の実施団体(10団体程度)を下記により募集しますので、ぜひお申込みください。
  • 画像や映像を用いてわかりやすく解説
    画像や映像を用いてわかりやすく解説
  • 三村知事による解説
    三村知事による解説
  • 考古学の専門家による講演
    考古学の専門家による講演
  • 本物の土器にさわって縄文を体感!
    本物の土器にさわって縄文を体感!
  • ワークシートを用いて石器を観察
    ワークシートを用いて石器を観察
  • 三内丸山遺跡キャラクター「さんまる」と記念撮影
    講座終了後に記念撮影

募集概要

対象団体

・学校教育関係(県内学校、大学、各教育研究会等)
・社会教育団体(PTA、子ども会、青年団等)
・その他一般県民を対象として活動を行う団体等
授業や学校行事、PTAや団体の研修などにご活用ください。

講座内容

・世界遺産の制度や縄文文化、県内の縄文遺跡の特徴、世界遺産登録をめざす「北海道・北東北の縄文遺跡群」の価値や魅力等について、映像資料等を用いて解説します。
・縄文土器や石器・土偶等の実物資料を用いて、縄文文化の魅力を体感します。・専門的な内容を希望する団体に対し、考古学等の専門家を招いて説明することも予定しています。

実施時期

平成30年6月以降です。
5月下旬に実施団体を決定し、その後、実施団体と調整して開催日時・説明者を決定します。

所要時間

1時間程度です。授業時間等に応じた時間の設定も可能です。

経費負担

旅費、資料印刷、その他開催に要する経費は、青森県が負担します。

申込み方法

講座開催を希望する学校及び団体は、申込書をご記入の上、郵送、Fax、電子メールのいずれかにより平成30年5月18日金曜日までに青森県企画政策部世界文化遺産登録推進室へお申込みください。
また、専門家を説明者として希望する等ご要望がございましたら、申込書の「その他」の欄に記入をお願いします。

事前打合せ

開催日時及び説明者等の講座の詳細については、開催決定後に県と申込団体が協議し、決定します。

実施要項・申込書等

申込書は下記によりダウンロードしてください。
併せて「縄文“体感”世界遺産講座」実施要項もご覧ください(申込書記入例があります)。

「縄文”体感”世界遺産講座」実施要項[173KB]
「縄文”体感”世界遺産講座」申込書[123KB]

青森県の縄文遺跡群トップページへ

この記事についてのお問い合わせ

世界文化遺産登録推進室
電話:017-734-9183  FAX:017-734-8128

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度