ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 世界文化遺産登録推進室 > 平成29年度第5回縄文“体感”世界遺産講座を行いました!

更新日付:2017年6月9日 世界文化遺産登録推進室

平成29年度第5回縄文“体感”世界遺産講座を行いました!

中村教育長による講義の様子
6月6日火曜日に八戸市立小中野小学校で平成29年度第5回縄文“体感”世界遺産講座を開催しました。
今回は、中村教育長と世界文化遺産登録推進室の岡田室長が講師を務め、6年生56名と保護者49名が受講しました。
岡田室長による講義
講座の前半では、中村教育長が世界遺産の目的や種類、世界遺産登録までの道のりについて解説し、続いて岡田室長が縄文時代のくらしについて解説しました。児童たちは「県内でこれまでに縄文土器はどれくらいみつかっているのか」、「一つの家族でどのくらいの土器を使っていたのか」、「縄文人はお風呂に入っていたのか」など、さまざまな質問を投げかけ、縄文時代のくらしに興味関心を示していました。
講座の後半では、特別史跡三内丸山遺跡から出土した土器・石器・土偶に触れたり、縄文服を着る体験をしました。児童たちは、土器の重さを比べたり、石器の使い方を学んだり、土偶の表情をじっくり観察していました。また、縄文服を着た児童たちは、三内丸山遺跡のマスコットキャラクター「さんまる」と一緒に写真撮影しました。
  • 縄文土器を観察する児童
  • 石器・土偶を観察する児童
  • さんまると記念撮影

この記事についてのお問い合わせ

世界文化遺産登録推進室
電話:017-734-9183  FAX:017-734-8128

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度