ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 交通政策課 > 東北新幹線「八戸・新青森間」の概要

更新日付:2015年3月10日 交通政策課

東北新幹線「八戸・新青森間」の概要

八戸・新青森間ルート
 東北新幹線「八戸・新青森間」は、八戸市を起点として七戸町を経て青森市に至る延長約81kmの路線です。
 八戸市より北西に向きを変え、五戸町、おいらせ町、六戸町、東北町、十和田市を通過し、七戸町(荒熊内地区)に至ります。
 七戸町からは、八甲田山北部を長大トンネル(26,455m)で抜け、青森平野南西部を通過し、青森市石江地区(奥羽本線との交差地点)に至ります。
概 要
1.延長 工事延長81.2km (路線延長81.8km)
2.構造物延長
 ・切土・盛土 約12km(15%)
 ・橋りょう 約4km(5%)
 ・高架橋 約15km(18%)
 ・トンネル 約50km(62%)
  • 奥入瀬川橋りょう
    (おいらせ町)
  • 三本木原トンネル
    (六戸町~十和田市)
  • 三内丸山架道橋
     (青森市)
主な構造物
■八甲田トンネル
 八甲田トンネルは、七戸町と青森市の間に位置する全長26,455mのトンネルです。
 平成17年2月末に貫通し、工事着手から6年7ヶ月での早期貫通を達成しています。
 複線断面の陸上トンネルとしては、八甲田トンネルが世界最長です。

■三内丸山架道橋
 三内丸山架道橋は、青森市内に架かる橋長450mの4径間連続PCエクストラドーズド橋です。
 写真手前が、七戸十和田駅・八戸駅方面、写真奥が新青森駅方面です。
 国道7号青森環状道路と沖館川を跨ぐ150mの支間長は、コンクリート鉄道橋で、また、新幹線橋としても日本一の大きさです。
駅舎:八戸駅
駅舎全体は、真上から見るとウミネコを、
内装は船をイメージしています。
  • 外観
  • 自由通路(うみねこロード)
  • 駅構内表示
駅舎:七戸十和田駅
- 七戸十和田駅イメージ -

~デザインコンセプト~
 心安らぐ豊かな自然と歴史の感じられる駅

~デザインイメージ~
 八甲田を望む大地の息吹と歴史を感じさせる駅
  • 夜景
  • コンコース
  • プラットホーム
駅舎:新青森駅
- 新青森駅イメージ -

~デザインコンセプト~
 縄文から未来へ - ほっとして郷愁が感じられるあずましい北の駅 -

~デザインイメージ~
 縄文と未来の融合
  • 夜景
  • コンコース
  • プラットホーム

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

企画政策部 交通政策課 新幹線・地域交通グループ
電話:017-734-9152  FAX:017-734-8035

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度