ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 交通政策課 > ラムダプロジェクト~津軽海峡交流圏の形成をめざして~

更新日付:2016年4月1日 交通政策課

ラムダプロジェクト~津軽海峡交流圏の形成をめざして~

oudanamaku2015
 平成28年3月26日に、北海道新幹線新青森・新函館北斗間が開業し、青森県にも津軽半島の今別町に奥津軽いまべつ駅が設置されます。
 現在、新青森・函館間は津軽海峡線で約2時間ですが、新幹線開業時には新青森・新函館北斗間が約1時間、開業2年後には最速39分で結ばれることになります。青函連絡船の時代が3時間50分であったことを考えると、両地域の時間距離は大幅に短縮されることになります。
 北海道新幹線の開業により、観光・ビジネスを始め、医療、教育など様々な分野において道南との交流が深まっていくものと考えられることから、こうした将来の姿を見据え、青森県では「λ(ラムダ)プロジェクト」に取り組んでいます。
 ラムダプロジェクトとは、青森県全域と函館を中心とする道南地域とを一つの圏域と捉える「津軽海峡交流圏」の形成を進め、圏域内の交流の活発化を図るとともに、圏域外からの交流人口の拡大と訪問者の滞留時間の質的・量的拡大を目指す取組みです。
 プロジェクト名は、新函館北斗駅から新青森駅を通って八戸駅への新幹線のルートと、新青森駅から弘前駅への奥羽本線のルートの形が、ギリシャ文字のλ(ラムダ)に見立てることができることに由来します。
 青森、弘前、八戸だけではなく、青森県の4つ目の新幹線駅となる奥津軽いまべつ駅の周辺地域、下北地域など本県全域と、道南地域との交流を促進し、「津軽海峡交流圏」の形成につなげていきたいと考えています。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

交通政策課 新幹線・地域交通グループ
電話:017-734-9152  FAX:017-734-8035

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度