ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 企画調整課 > 20代を変える「生き方ナビ」事業~AOMORI Media Labo.~

更新日付:2016年4月8日 企画調整課

20代を変える「生き方ナビ」事業~AOMORI Media Labo.~

  • ロゴマーク
 

AOMORI Media Labo.とは

県内の学生が社会人の視点を交えながら、青森県の魅力や暮らしの価値について学生目線で情報発信するものです。紙媒体、WEB媒体、映像配信の3コースにおいて、それぞれがプロの編集者のサポートを受けながら行います。学生のスキルアップによる個人での情報発信はもちろん、学生が次の代へノウハウをつなぐことにより、自発的継続的な情報発信を目指します。
AOMORI Media Labo.コース紹介画像

紙媒体コース

 ● Tokyo graffiti 4月号に記事が掲載されました
  • 東京グラフィティ4月号表紙
    Tokyo graffiti 4月号

  •  
  • 東京グラフィティ記事
    タイムスリップ写真館 in AOMORI
平成28年3月21日発売の「Tokyo graffiti」4月号に、本取組で大学生が取材に携わった「VOICE in AOMORI」が掲載されました。「あなたが思う青森の魅力は?」をテーマに18組のパパやママの思いが紹介されています。
また、「タイムスリップ写真館 in AOMORI」では、弘前城をバックにした写真が紹介されています。29年の時間を経て同じ場所から撮影した写真は、親子の様子、弘前城のたたずまい、桜の木等の変化に、月日の流れを感じます。
 ● 新成人に「Aomori graffiti」を配付しました
  • Aomori graffiti
平成27年10月14日に大学生14名でスタートした紙媒体コース。活動開始から2か月半、紙媒体コースがカルチャー誌「Tokyo graffiti」とのタイアップ記事を活用し、「あなたが思う、青森の魅力は?」をテーマに小冊子「Aomori graffiti」を制作しました。
  • Aomori graffitiを手にした新成人の写真
    Aomori graffitiを手にした新成人
  • Aomori graffiti配付写真
    Aomori graffitiを配付する大学生スタッフ
人生の節目を迎える20歳の若者に、青森で暮らすことの良さを再認識し、青森県で暮らすことを考えるきっかけにしてもらうため、県内22市町村の成人式(冬季開催全市町村)において、新成人約11,000人に「Aomori graffiti」を配布しました。
このうち、2,440人の新成人がいる青森市成人式の青森会場においては、制作した大学生と「Tokyo graffiti」編集部の皆さんが新成人に直接手配りし、思いを伝えました。
 ● 新成人6名に青森の魅力を聞きました
  • 新成人取材写真
    新成人に聞きました。「あなたが思う、青森の魅力は?」
平成28年1月10日、青森市成人式(青森会場)で新成人6人に「あなたが思う、青森の魅力」をお聞きしました。
ご協力いただいた皆様大変ありがとうございました。
 ● Tokyo graffiti 2月号に記事が掲載されました
  • Tokyo graffiti 2月号
    Tokyo graffiti 2月号
  • 青森県人職業図鑑
    青森県人職業図鑑
平成28年1月23日発売の「Tokyo graffiti」2月号に、本取組で大学生が取材に携わった「VOICE in AOMORI」、「青森県人職業図鑑」が掲載されました。
 ● Tokyo graffiti 12月号に記事が掲載されました
  • Tokyo graffiti 12月号
    Tokyo graffiti 12月号
  • 東京グラフィティ記事
    VOICE in AOMORI「あなたが思う、青森の魅了は?」
平成27年11月21日発売の「Tokyo graffiti」12月号に、本取組で大学生が取材に携わった「VOICE in AOMORI」が掲載されました。「あなたが思う青森の魅力は?」をテーマに26名の大学生の思いが紹介されています。
「Tokyo graffiti」
20代の若者を読者層としたカルチャー誌。毎号約1,000人の一般人がモデルとして掲載され、「フリップスナップ(意見やメッセージを書いたフリップを持った一般人がモデルとなったスナップ写真)」を定番看板企画として定着させるなど、企画力に富んだ雑誌です。
 ● 活動の様子
  • 東京グラフィティさんの取材指導の様子
    「Tokyo graffiti」編集部による取材指導の様子
  • 取材写真
    弘前大学総合文化祭での取材の様子
  • 取材写真
    弘前大学総合文化祭での取材の様子
  • 取材写真
    青森市成人式での取材の様子

WEB媒体コース

平成27年10月19日に青森市、弘前市の大学生10名でスタートしたWEB媒体コース。「ALICEY」編集部から指導を受けながら、サイトへの記事の投稿を行っています。
  • AOMORI Media Labo.のページ
    AOMORI Media Labo.のページ
「ALICEY」
NTTドコモのdメニューと連携した女子向けスマフォメディア。20代女子をターゲットにファッション、ライフ、イベント、グルメ、恋愛・結婚等の話題を、様々な視点で切り取り発信している。月間プレビューは1,000万を超えるサイトです。 
 ● 掲載内容
・掲載テーマ
「ソウルフード」
「恋愛・結婚・出産」
「青森の文化」
「生活・文化」

・掲載予定
「健康」
「青森県人職業図鑑」
「全国・世界で活躍するAOMORI」
 ● 活動の振り返り
NAVERまとめ掲載記事
「AOMORI Media Labo.WEB媒体コース」では、docomoのdメニュー20代女子向けモバイルサイト「ALICEY」とタイアップし、県内の大学生がこれまで45本の記事を掲載しました。
2015年10月から始まった活動を振り返り、記事作成時のポイント等について、「NAVERまとめ」に掲載しました。
 ● 活動の様子
  • ミーティング写真
    ミーティングの様子
  • スカイプ会議の写真
    スカイプ会議の様子
特別講座写真
1月9日に弘前大学図書館でWEB媒体コース特別講習会を開催しました。
(有)ノオト  記者・編集者 朽木誠一郎氏を講師に迎え、「『記事の内容が薄い』と言わせない!原稿の文字数を過不足なくコントロールするための文章テクニック」について大学生メンバーに講義をしていただきました。

映像配信コース

平成27年11月6日に弘前大学の学生5名でスタートした映像配信コース。学生が地元クリエイターの指導を受けながら、「青森でのカッコイイ働き方」をテーマとしたドキュメンタリー映像を制作しました。撮影は自前のiPhone、編集はimoveで行いましたが、初めての映像撮影のため感覚が分からず、あっという間にメモリー不足!iPhoneに保存されていた大事な写真をほとんど消さざるを得なくなるなど、想定外の事態が沢山起こりました。
これらの教訓を生かしながら、現在、新たな映像制作に取り組んでいます。
 ● 「青森ならではのカッコいい働き方」動画
 ~ 堰合牧場 ~
堰合牧場動画
 ↑ ↑ ↑ 堰合牧場動画

 ~ kimoriの高橋さんに聞くシードルのおいしい飲み方 ~
弘前シードル工房kimori 高橋哲史さん
 ↑ ↑ ↑ 弘前シードル工房kimori 高橋哲史さん動画

 ~ 八戸せんべい汁ブランド化の雄 木村聡氏 ~
八戸せんべい汁ブランド化の雄 木村聡氏
 ↑ ↑ ↑ 八戸せんべい汁ブランド化の雄 木村聡さん動画

 ~ 観光農園「ゆめりんごファーム」 平井秀樹氏 ~
観光農園「ゆめりんごファーム」+平井秀樹さん動画
 ↑ ↑ ↑ 観光農園「ゆめりんごファーム」 平井秀樹さん動画

 ~ 『未来をつくる、この仕事』 伊東竜太さん ~
  • 伊東竜太さん動画
     ↑ ↑ ↑ 伊東竜太さん動画(full ver.)
 ~ 『この道を歩んで-杜氏・竹浪令晃の選択-』 「竹浪酒造」竹浪令晃さん ~
  • 「竹浪酒造」竹浪令晃さん動画
     ↑ ↑ ↑ 「竹浪酒造」竹浪令晃さん動画(full ver.)
 ● 短編動画
  • かっこいい働き方短編動画
    kimori、堰合牧場動画(short ver.)
  • かっこいい働き方短編動画
    木村聡氏、平井秀樹氏動画(short ver.)
  • 伊東竜太さん動画
    伊東竜太さん動画(short ver.)
  • 「竹浪酒造」竹浪令晃さん動画
    「竹浪酒造」竹浪令晃さん動画(short ver.)
 ● 活動の様子
  • 撮影写真
    「青森ならではのカッコイイ働き方をめぐる旅」の取材の様子
 

特別講座等

 ● 「サカイエヒタ×りんご飴マントークバトル」を開催しました
1月17日に弘前市のcafe bad ajにおいて、「サカイエヒタ×りんご飴マントークバトル」を開催しました。サカイエヒタさんは、高円寺エリアのさまざまな情報を集約したハイパーローカルWebマガジン「concent高円寺」の編集長で、過去には「MacBookAirは中華包丁として使えるのか。」(http://ehita.mochrom.jp/やってみた/48/)というとんでもない企画を実行してしまった方です。
そしてりんご飴マンは弘前ではすっかりおなじみとなった生キャラです。

サカイエヒタさんは、福祉関係企業、不動産系企業、出版社で働いていた他、フリーターやひきこもりの時期もある等これまで様々な経験をしていますが、「それが全て自分のプラスになっている」そうです。
  • トークバトル写真
    トークバトルの様子
  • トークバトル写真
    トークバトルの様子
 ● 「AOMORI Media Labo.特別講座」を開催しました
平成27年11月14日、15日に、弘前大学図書館において、若者を対象に情報発信のスキルアップを目的とした特別講座を開催しました。
講師にNAVERまとめ編集長の桜川和樹氏、フリーマガジン「R25」人気ライターの友清哲氏を迎え、それぞれ「WEBならではの編集術」、「相手の本音を引き出すためのインタビュー術」というテーマでお話いただきました。
「ものづくりは技術が8割、センスよりも基礎を大事にしてもらいたい」
「出会いの編集、気を引く編集、読ませる編集技術」等
日本のメディアをリードする方々から大変貴重なお話をお伺いすることが出来ました。
  • 講師写真
    NAVERまとめ編集長
    桜川和樹 氏
  • 講師写真
    R25人気ライター
    友清哲 氏

この記事についてのお問い合わせ

企画政策部 企画調整課 基本計画推進グループ
20代を変える「生き方ナビ」事業担当
電話:017-734-9129  FAX:017-734-8029

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度