ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 地域活力振興課 > 平内町第一藤沢地区

更新日付:2015年3月17日 地域活力振興課

平内町第一藤沢地区

【地域について】
 夏泊半島のほぼ中心に位置しており、海とは距離があることから、ホタテ養殖など漁業の盛んな平内町にあって、農業従事者が比較的多い地域です。
【伝統行事】
 藤沢獅子舞保存会による獅子舞の演舞、門付けが行われています。
【小学校】 
 地区内にあった藤沢小学校は明治8年に創立された歴史ある学校でしたが、昭和50年閉校、小湊小学校に統合となりました。校庭があった場所は現在、藤沢コミュニティセンターとして利用され、地区住民の活動拠点となっています。

■藤沢地区の人口等(平成26年4月現在)
 人口 298人 世帯数 111世帯 高齢化率39.3%

藤沢地区の資源・課題、暮らしと環境の現状把握

  • 実施日:平成26年8月8日(地区役員、県・町職員、大学メンバー顔合わせ、地区の資源・課題の聞き取り)、10月9日(まち歩き、暮らしと環境に関するヒアリング調査(地区役員))、11月13日(ヒアリング調査(若者世代))」
  • 場所:藤沢町内、藤沢コミュニティセンター
  • 【概要】
    1.藤沢地区役員、弘前大学大学院、平内町、青森県の関係者顔合わせの場を持ち、事業趣旨の説明を行いました。また、地区役員の方を対象にワークショップを行い、地域資源・課題の聞き取りを行いました。
    2.まち歩きで地域のいいところを発見したり、空き家、農地の状況などを確認しました。
    3.地区役員と若者世代へのヒアリングでは、病院、商店や交通手段などの生活環境、産業や雇用、祭りや伝統芸能、交流の状況、子どもの成育環境などについて聞き取りを行いました。

先進事例の視察

  • 実施日:平成26年12月15日、16日
  • 場所:秋田県大館市、秋田県五城目町
  • 【概要】
    1.地域づくりの先進事例として、大館市「山田部落会」と五城目町「清流の会」の取組を視察しました。
    2.視察を通して、それぞれの地区の方々の活発な取組や、住民が生き生きと輝いて活動している姿に刺激を受け、藤沢地区でも地域資源を活用して何か一つでもやってみよう、行動を起こしてみようという声があがりました。

新年を語る会

  • 実施日:平成27年2月8日
  • 場所:藤沢コミュニティセンター
  • 【概要】
    1.地区住民約60名が参加しました。伊瀬谷会長からは、藤沢地区を活力のある集落にするべく、住民が一緒になって住みやすい環境づくり、健康づくりをめざし、地域のつながりが絶えることのない地域づくりをしたいとの挨拶がありました。
    2.弘前大学大学院から、町史からみた藤沢地区の歴史、事業の取組と経過、1月に行った全戸アンケートの結果などについて、中間報告を行いました。
    3.世代間交流行事として、「金多豆蔵人形劇場一座」をお招きし、大人も子どもも一緒に鑑賞しました。見事な人形の動きと津軽弁の掛け合いによる漫才・冒険の人形劇で、笑いが絶えない楽しい時間を過ごしました。
    4.当日会場には、参加者が記入した「今後藤沢でやったらいい活動アイデアカード」が張り出され、将来の藤沢を描いた子どもたちのカラフルなイラストも展示されました。

新郷村川代地区との交流

  • 実施日:平成27年3月8日
  • 場所:川代ものづくり学校
  • 【概要】
    1.地区住民等約30名が参加し、新郷村川代地区を訪問しました。
    2.集落の状況や課題、活性化に向けての取組などについて、情報交換を行いました。また、かごづくり、布ぞうりづくり、そば打ちの体験をさせてもらい、今後の藤沢地区での取組にとって大いに参考になるとともに、本事業の同じモデル地区として、今後も川代地区と協力しながら事業を進めていく体制づくりのきっかけとなりました。
    3.小笠原会長をはじめ、川代地区の方々の素晴らしいおもてなしのおかげで、参加した全員が笑顔で楽しく交流することができました。

今後の藤沢地区の目標・活動の検討と地区を紹介する小冊子の制作

  • 実施日:平成27年1月18日(今後地区でやってみたい活動アイデア出し)、2月21日(今後やりたい活動の選択、地区の将来目標の検討)、3月18日(地区を紹介する小冊子の内容検討)
  • 場所:藤沢コミュニティセンター
  • 【概要】
    1.これまでやってきた調査、視察等を踏まえ、今後地区でやりたい活動のアイデアを出し合い、その中から来年度以降に実施したい・できそうなものを選び出しました。
    2.「藤沢は将来こうありたい」という藤沢の将来イメージについて話し合い、当面の目標として定めました。
    3.8月から行ってきた活動を中心に藤沢地区を紹介する「小冊子」を企画・制作し、関係者に配布しました。

    小冊子「いんでねえがふんちゃ」は、こちら PDFファイル 5,733KBからダウンロードできます(PDFファイル:5.9MB)。

この記事についてのお問い合わせ

青森県企画政策部地域活力振興課 地域活性化グループ
電話:017-734-9147  FAX:017-734-8027

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度