ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 地域活力振興課 > 住民主体の持続可能な地域づくりについて

更新日付:2016 年3月30日 地域活力振興課

住民主体の持続可能な地域づくりについて

人口減少に対応した住民主体の地域づくり(冊子)

人口減少に対応した住民主体の地域づくり(H28.3)
PDFファイル[8882KB]

 この冊子は、主に市町村において住民協働や人口減少対策等に関わる職員を対象として、地域コミュニティの活性化による人口減少社会に対応した地域づくりを行うための参考としていただくために作成しました。

第1部は、地域住民による地域づくりの活動を促進するため、市町村が住民ワークショップを開催する際に参考となる事項を記載しています。

第2部は、平成26年度から2年度間、県の集落経営再生・活性化事業において、市町村及び大学等と連携しながら実施した地域住民が中心となった地域づくり活動の事例を記載しています。

第3部は、データ等を基に県内における集落コミュニティの状況や課題、人口減少社会に対応した地域づくりに関する展望等について記載しています。

集落の維持・活性化(集落経営再生・活性化事業H26~H27)

 現下の地方を取り巻く環境は、人口減少や少子化、高齢化の進行など一層の厳しさを増していますが、中でも本県では、他県よりも速いスピードでこれらの現象が進行しており、これに伴う地域の担い手不足など、様々な面で地域力の低下が懸念されています。
  このような中で、持続可能な地域づくりを進めていくため、県では、人口減少、高齢化が進む集落等において、住民団体が行政や他団体との協働により、地域課題の解決や地域活性化に取り組んでいく仕組づくりに取り組んでいます。

<平成27年度>

県では「青森県基本計画 未来への挑戦」に基づき3つの戦略プロジェクトを進めており、その最初に掲げる「人口減少克服プロジェクト」事業の1つとして、「集落経営再生・活性化事業」を進めてきました。
この事業では、平成26~27年度の2年間、公募により決定した6つのモデル地区において、市町村および大学等と連携しながら、集落の実態調査を行い、その結果に基づき住民の話し合い等により地域の目標・計画を定め、自ら実施する取組みを支援してきました。

1 平内町第一藤沢地区
2 弘前市常盤野地区
3 五所川原市七和地区
4 三沢市根井地区
5 七戸町白石分館地区
6 新郷村川代地区
■地域住民がつくる元気な地域コミュニティ推進フォーラム(活動報告ほか)

<平成26年度>

〈平成25年度〉

 市町村職員の参画の下に「地域づくり研究会」を開催し、県内では事例の少ない集落点検(集落各世帯に対する聞き取り調査)および結果報告会(聞き取り調査結果の発表、共有等)を、むつ市川内町湯野川地区で実施し、集落の実態を把握するとともに、集落点検の手法等を学びました。
詳しくはこちらをご覧ください。


この記事についてのお問い合わせ

青森県企画政策部地域活力振興課 地域活性化グループ
電話:017-734-9147  FAX:017-734-8027

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度