ホーム > 組織でさがす > 企画政策部 > 地域活力振興課 > 自慢したくなるあおもり推進事業

更新日付:2014年3月31日 地域活力振興課

自慢したくなるあおもり推進事業

「自慢したくなるあおもり推進事業」は平成26年3月末をもって終了しましたが、
冊子「ああぁ あおもりっていいなぁ」は、平成26年4月から始まった「つながる県民プロジェクト」事業において、引き続き配布を続けています。

これまでの取り組みは以下のとおりです。
「JR東日本」×「あおもりっていいなぁ」タイアップパンフレット発行のお知らせ
東日本旅客鉄道株式会社盛岡支社からの御提案により、同社と青森県の普及啓発事業とがタイアップした新しい形のパンフレットが発行されました。
このパンフレットは、JR旅行商品と「ああぁ あおもりっていいなぁ とつぶやいてしまう本」の内容を全編掲載した内容で、青森県・函館冬期観光キャンペーンの一環として2014年1月~3月の間、首都圏のJR各駅に置かれました。
あおもりっていいなぁTV インターネットで配信中
南部・下北・津軽、それぞれの地域の特色あふれる食材、ステキなレストラン、伝統を活かした新しい工芸品、それらを作り出す魅力あふれる人々、心癒される自然など、奥深い青森県の魅力をたっぷりと紹介した番組「あおもりっていいなぁ TV」。
現在、インターネットで配信中です。

南部編(30分)

下北編(30分)

津軽編(30分)

自慢したくなるあおもり推進事業とは

主な取り組み

「あおもりっていいなぁ」イベントシリーズ

「自慢したくなるあおもり推進事業」とは

事業の目的
 地域の活性化のためには、県民の地域に対する愛着や誇りを高めることが重要であるとの観点から、
 1.青森を知り
 2.青森を好きになり
 3.青森を自慢したくなる
という一連のプロセスにより、青森県への愛着や誇りを醸成し、地域を元気にしていこうとする取組です。
 この事業は提案者事業実施制度(庁内ベンチャー制度)により実施しています。

事業の内容
 本事業は平成24、25年度の2ヵ年事業で、24年度は県民への愛着や誇りの実態を把握するための意識調査を行いました。
 この意識調査では、県民の「誇りの種」となるもの、例えば本県ならではの自然や食をはじめ、地域に根付いた伝統文化や生活様式なども含め、県民が実際に誇りと感じているものは何か、またその理由は何か、さらには独特の県民気質はないかなど、様々な観点から実態を調査しました。(調査結果はこちらから)
 これらの結果を基に、専門家の意見や、県民の皆様からの生の声等もいただきながら、その後の方向性を検討し、25年度はテレビ番組放送、街歩きの開催など、具体的な取組を行っています。

郷土に関する意識調査等の結果報告書を作成しました

住んでいる市町村に対する愛着は87.6%
青森県に対するマイナスイメージが低下するなど県民の意識は変化

 地域活性化の原動力とも言われる地域への誇り、愛着の実態等を把握するために行った「郷土に関する意識調査」等の結果をとりまとめました。この結果を基に県民の皆様・有識者の方々からさらに意見をいただきながら、今後の方向性を検討し、施策へ役立てていきます。
1 地域への誇り
■県民は自分が住んでいる市町村に対して高い愛着を持っている
自分の住む「市町村」に対し「愛着がある方だ」又は「どちらかと言えば愛着がある方だ」と答えた人の割合は87.6%(p.27)。
■青森県に対するマイナスイメージは低下している
青森県に対するイメージを、「青森県のイメージアップに関するアンケート調査」(平成13年)と比較してみたところマイナスイメージに変化が見られた(p.30)。
・ 「貧しい」44.1%→27.8%、「閉鎖的な」29.4%→15.5%、「暗い」40.8%→11.1%

2 県民気質
■青森県民は東北トップレベルの人見知りだが、打ち解けると会話は弾む
全国県民意識調査(NHK放送文化研究所)において「初めての人に会うのは、気が重い」と答えた人の割合は、調査が行われた、昭和53年、平成8年とも本県は全国1位、今回の調査でも東北トップレベル。一方で「気心の知れた相手との会話ははずむ方だ」と答えた人の割合は、青森(86.8%)、東北(86.6%)、東京(87.5%)ともほぼ横並び(p.31)。
3 地域情報の収集方法
■県民の情報源は、テレビ・新聞・広報紙であり、他市町村のことをもっと知りたいというニーズは高い
・ 地域の話題や新しい情報を得る媒体(p.49)「テレビ」78.1%、「新聞」71.1%、「県や市町村の広報紙」41.0%
・ 県内他地域の暮らし、文化、歴史などを知ってみたいと思う人の割合(p.51) 76.1%

郷土に関する意識調査の詳細
・ 調査期間:平成24年7月11日~7月20日
・ 調査対象:20代~60代の県民 5,000人
・ 抽出方法:市町村住民基本台帳からの無作為抽出
・ 調査方法:郵送法

あおもりの魅力がつまった県民向けの冊子ができました

 自慢したくなるあおもり推進事業では、地域活性化のために、青森県への愛着や誇りを
醸成し、地域を元気にしていこうとする取組を進めています。

 このたび、その取組の一環として昨年11月に公表した「郷土に関する意識調査」等の結
果をわかりやすくまとめた県民向けの冊子を発行いたしましたのでお知らせします。
ページごとのファイルはこちらから。
  • ぁあぁ あおもりっていいなぁ(表紙・裏表紙 PDFファイル 1,329KB
  • 表紙裏  「1.人見知りナンバーワン」表紙裏・1 PDFファイル 1,602KB
  • 「2.ガマン強い、マジメ」  「3.津軽人・南部人・下北人」2、3 PDFファイル 1,798KB
  • 「4.張り切っていこう!!あおもり県民」  「5.好き好き、あおもり!!」4.5 PDFファイル 2,057KB
  • 「6.あおもり県民お気に入りランキング」PDFファイル 10,159KB
  • 「7.そっちもこっちも、いいとこ・自慢」  「8.方言っていいなぁ」7、8 PDFファイル 2,037KB
  • 「9.見て・聞いて・感じて!!」  「10.あおもりっていいなぁ」9、10 1,251KB
<冊子の特徴など>

1親しみやすいイラスト

県民の皆様自身のふるさとに対する思い、県民気質、地域の特徴などを、親しみやすい
イラストで表現しています。
イラストは、雑誌(オレンジページ、MOREなど)や書籍等で活躍している、青森市
出身のイラストレーター『柿崎こうこ』さんです。


2詳しい解説

内容に興味を持っていただいた方には、もっと詳しく知っていただけるよう、データに
基づいた詳しい解説をつけています。
この冊子によって、一人でも多くの県民の皆様が、青森県のことをもっと好きになり、
自慢に思い、楽しみながら青森県の盛り上げにご参画いただけたらという願いを込めて作
成しました。

 
3入手方法など

地域活力振興課担当にご連絡いただければ、ご希望に応じ、冊子をお送りします。

「ぁあぁ あおもりっていいなぁ」とつぶやいてしまう本のオリジナル壁紙(PC・スマートフォン・携帯用)ができあがりました。
ダウンロードは無料です。皆様どうぞご利用下さい。

パソコン用壁紙
「ぁあぁ あおもりっていいなぁ」
800×600 画像ファイル 1024×768 画像ファイル 1280×800 画像ファイル 1280×1024 画像ファイル 1600×1200 画像ファイル 1920×1440 画像ファイル

「がまんづよい」
800×600 画像ファイル 1024×768 画像ファイル 1280×800 画像ファイル 1280×1024 画像ファイル 1600×1200 画像ファイル 1920×1440 画像ファイル

「地域資源」
800×600 画像ファイル 1024×768 画像ファイル 1280×800 画像ファイル 1280×1024 画像ファイル 1600×1200 画像ファイル 1920×1440 画像ファイル

携帯・スマートフォン用壁紙
「ぁあぁ あおもりっていいなぁ」
「郷土料理」
「文化芸能」
   
「あおもりっていいなぁクリアファイル」デザインデータ使用について
 地域資源の認知度向上と青森県への愛着と誇りの醸成を図るため、県が所有する「あおもりっていいなぁクリアファイル」のデザインデータを条件つきで提供しています。
 使用に当たっては、下記「「あおもりっていいなぁクリアファイル」デザインデータ使用要領」をご覧のうえ、ご相談ください。 

この記事についてのお問い合わせ

企画政策部 地域活力振興課 生業づくりグループ
電話:017-734-9174  FAX:017-734-8027

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度