ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 十和田家畜保健衛生所 > 高病原性鳥インフルエンザについて

更新日付:2017年11月15日 上北地域県民局地域農林水産部十和田家畜保健衛生所

高病原性鳥インフルエンザについて

青森県内の発生情報と防疫対策

現在、県内では発生していません。

平成28年11月28日及び12月2日の県内発生に関する情報と防疫対策についてはこちら(青森県農林水産部畜産課)で確認できます。

国内・海外の発生情報と防疫対策

現在、国内では発生しておりません。

海外の発生情報や国内発生状況は農林水産省サイトで確認できます。

野鳥に関する情報は環境省サイト及び青森県環境生活部自然保護課サイトで確認できます。

管内の防疫対策

家畜保健衛生所では、鳥インフルエンザの発生予防及び早期発見のための対策の1つとして、管内の養鶏場おいてモニタリング検査を実施しています。また、万が一高病原性鳥インフルエンザが発生した場合に迅速かつ、的確な防疫措置を行うことを目的に机上演習、実動演習を実施しています。


1.定点モニタリング

管内の4農場において、各農場年間12回高病原性鳥インフルエンザモニタリング検査を実施しています。

対象 検査間隔
4農場 1農場につき10羽検査 毎月第1.2月曜日に実施


2.強化モニタリング

100羽以上の家きんを飼養している管内の8農場において、高病原性鳥インフルエンザの発生リスクが高い10月~5月において強化モニタリング検査を実施しています。


3.死亡鶏の報告

青森県では家畜伝染病予防法52条に基づき、高病原性鳥インフルエンザ予防のため、100羽以上家きんを飼養している農家に対して、毎週死亡鶏の報告を求めています。
100羽以上家きんを飼養している皆様は毎週月曜日に報告をお願いします。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

上北地域県民局農林水産部 十和田家畜保健衛生所
電話:0176-23-6235  FAX:0176-23-3044

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度