ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 下北地域県民局地域連携部 > 下北に関する意識調査~「しもきたっていいなぁ」を目指して【平成27年度庁内寺子屋プロジェクト推進事業「地域づくり寺子屋」】

更新日付:2016年3月3日 下北地域県民局地域連携部

下北に関する意識調査~「しもきたっていいなぁ」を目指して【平成27年度庁内寺子屋プロジェクト推進事業「地域づくり寺子屋」】

庁内寺子屋プロジェクト推進事業「地域づくり寺子屋」とは

 本県では、県行政が抱える課題についての調査研究を通して、県職員のチャレンジ意欲を引き出すこと等を目的とした庁内寺子屋プロジェクト推進事業を実施しています。
 各地域県民局においても、当事業の一環として若手・中堅職員の施策立案能力の向上等を目的とした「地域づくり寺子屋」業務を行っており、平成27年度、下北地域県民局では「下北に関する意識調査~『しもきたっていいなぁ』を目指して」をテーマに調査研究を行いました。

「下北に関する意識調査~「しもきたっていいなぁ」を目指して」について

テーマ設定理由及び目的
 本県が平成24年度に「自慢したくなるあおもり推進事業」の一環として実施した「郷土に関する意識調査」において、「下北地方に住む人々のイメージ」という設問に対する最多回答が「わからない(34.5%)」だったことが、この調査を行うきっかけとなりました。
 実際に下北地域に住んでいると、豊かな自然環境や新鮮な食材、厳かな祭り、そして地域の方々の温かい人柄に心を動かされます。このような地域のイメージが、なぜ「わからない」という結果なのか、この結果をそのまま認めてしまってよいのか。
 そこで、下北地域に住む人々、ひいては下北地域そのものがよりイメージされやすくなるよう、下北地域に関する様々な事柄について情報を収集し、県内外に発信することとしました。
調査方法
 下北地域内外で下北地域の振興に寄与する活動をしている団体等を訪ねて下北地域に関する話を聞いたほか、県のウェブアンケートを利用して、県内外の方から幅広く下北地域に関する事柄を聞きました。
ウェブアンケート結果について

創刊下北について

 アンケート等を行った結果、下北地域に住む人々や下北地域のイメージのみならず、下北地域で体験した不思議なエピソード等、興味深い情報が寄せられました。
 このアンケート結果をより多くの方々に見てもらい、下北地域について考えるきっかけとしてもらうため、「創刊下北」と名付けたチラシを作成しました。チラシは下北地域に住んでいる方に向けた「管内版」と下北地域外の方に向けた「管外版」の2種類作成しました。

管内版について
(チラシに書かれている内容の解説があります)

管外版について
(チラシに書かれている内容の解説があります)


※なお、「創刊下北」という雑誌はございません。また、現時点では続編の作成は予定していません。

参考

「自慢したくなるあおもり推進事業」(県地域活力振興課)
 本調査を行うきっかけとなった「郷土に関する意識調査」は、本事業の一環として行われたものです。なお、事業は既に終了しています。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

下北地域県民局 地域連携部 地域支援室
電話:0175-22-1195  FAX:0175-22-1176

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度