ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 下北地域県民局農林水産部 > 大畑川でアユを放流しました

更新日付:2017年6月23日 下北地域県民局地域農林水産部

大畑川でアユを放流しました

 去る平成29年5月26日、むつ市大畑町の大畑頭首工周辺においてアユの放流が行われました。
 頭首工は農業用水を用水路に引き入れるため、川の水位を調節する施設です。しかし川をせき止めてしまうため、川をのぼるアユやサケ・マスを始めとした多くの魚の通り道を遮ってしまいます。魚道はそういった魚たちの通り道を確保するために作られた施設で、大畑頭首工にも併設されています。しかし近年老朽化が進み、地元からも整備を求める声が上がっていました。そこで学識経験者や地元関係者から組織された検討委員会により、整備方法や魚道の方式などが検討され、平成26年度に整備が完了しました。
 地元の方の話によると、実際にアユだけでなくサケも楽々と遡上しているとのことで、整備された魚道は大きな効果を発揮しているようです。
大畑頭首工魚道
奥側洗濯板状の部分が小型魚種向けの全面魚道
手前側階段状水路が大型魚種向けの隔壁タイプ魚道

 アユの放流は、検討会のメンバーでもある大畑町漁業協同組合が毎年行っており、頭首工の管理をしている大畑土地改良区やむつ市、県などが参加しました。
 放流日はあいにくの曇り空でしたが、澄んだ流れの大畑川を待ち望んでいたアユたちには関係ないようで、バケツから放たれるとすぐに元気に泳いで行きました。当日は頭首工上流部など全4か所で放流が行われ、参加した皆さんは泳ぐアユの姿に歓声を上げ、大きくなって戻ってきてほしいと願いを込めていました。
 7月1日にはアユ漁が解禁となります。参加していたアユ釣りファンは「うちの竿にどれくらいかかってくれるかな」とシーズンを楽しみにしている様子でした。
大畑川アユ放流01
大畑川アユ放流02
大畑川アユ放流03

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

下北地域県民局地域農林水産部 農村整備課
電話:0175-22-3225(直通)  FAX:0175-22-3212

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度