ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 三八地域県民局農林水産部 > (7)林産振興に関する業務

更新日付:2018年3月29日 三八地域県民局地域農林水産部

(7)林産振興に関する業務

 三八地域県民局管内は、スギのほかにもアカマツや広葉樹等の豊富な森林資源に恵まれています。この豊富な森林資源を有効活用していくことは、森林の価値を高めることになるほか、森林の持つ公益的機能の発揮にもつながっていきます。
 県民局では、自治体や社会福祉法人等が県産材を利用した木造公共施設を整備する際の助言・指導等を行うほか、製材施設の整備支援や「木の駅プロジェクト」等に関する取組への指導も行っております。

① 公共建築物への木材利用事例

 八戸市立西白山台小学校の建設にあたり、三八管内の2森林組合と上北管内の1森林組合が青森県産業技術センター林業研究所等と連携し、木材供給体制の構築や品質確保について取り組んだ結果、小学校の構造材等に県内で伐採された南部あかまつやスギ、カラマツ約630㎥が使用されました。

  • 西白山台小学校の様子1
  • 西白山台小学校の様子2
撮影者:ZOOM 淺川敏

② 木材加工施設

 三八管内は昔から南部あかまつの優良材産地であり、その良質な材を加工することで付加価値を高め、製品として出荷販売しています。

木材加工施設の様子

③ 「木の駅プロジェクト」に係る各種指導等

 木の駅とは、林所有者自らが間伐を行い、伐採した間伐材を「木の駅」と呼ばれる所定の場所まで搬出し、集まった間伐材を集約してチップ工場や木質バイオマス施設等に販売する仕組みです。新郷村では県内初として平成28年度から始動しました。

木の駅(新郷村)の様子

④ 大型木質バイオマス発電所

 木質バイオマス発電所では、間伐材や林地残材等が燃料として有効活用されています。これにより、地域の森林環境の整備や林業の活性化が期待されています。

大型木質バイオマス発電所(八戸市)

この記事についてのお問い合わせ

三八地域県民局地域農林水産部林業振興課
電話:0178-23-3595(直通)  FAX:0178-23-2801
問い合わせ先が他にある場合に入力(不要の場合は削除してください)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度