ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > むつ家畜保健衛生所 > 寒立馬について

更新日付:2019年8月30日 下北地域県民局地域農林水産部むつ家畜保健衛生所

寒立馬について

寒立馬に対する衛生対策について

令和元年8月30日(金)、今年度2回目のダニの駆除及び健康チェックを実施しました。寒立馬は尻屋崎周辺に周年放牧されている重種馬で、寒立馬という名前は越冬地で寒さを耐える姿がカモシカのそれに似ていることから名づけられました。平成元年には約80頭放牧されていましたが、平成7年には9頭まで数が激減、このため保護活動が行われ平成14年11月、青森県の天然記念物に指定され、放牧頭数は今年の春生まれた子馬9頭を含め現在32頭まで回復しています。寒立馬にダニが寄生することで貧血や感染症を引き起す可能性があるため、管理者、東通村、東通村産業振興公社と協力して衛生対策を実施しています。
  • 寒立馬が元気に走り回っています。
  • 子馬も元気です。
  • 安全確保のため、馬をシェルターに入れます。
  • (1)ダニ駆除剤の塗布
  • (2)ダニ駆除剤の塗布
  • (3)ダニ駆除剤の塗布

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

下北地域県民局地域農林水産部 むつ家畜保健衛生所
電話:0175-22-1254  FAX:0175-22-1259

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度