ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > むつ家畜保健衛生所 > 防疫実動演習を実施しました

更新日付:2016年10月31日 下北地域県民局地域農林水産部むつ家畜保健衛生所

防疫実動演習を実施しました

 平成28年10月19日(水)にむつ市川内勤労者体育センターにおいて、管内の種鶏農場で高病原性鳥インフルエンザの発生があったことを想定した、防疫実動演習を実施しました。
 
 演習は、次のような順序で実施されました。
 1 ビデオによる消毒ポイントでの作業内容の説明
 2 消毒ポイント作業訓練
 3 昨年度実施した埋却候補地の試掘状況の説明
 4 想定農場での殺処分手順の説明
 5 防護服の着衣
 6 模擬鶏を使った殺処分の演習
 7 防護服の脱衣
 8 ウイルスに見立てた色素が付着した状態で脱衣し、内側にどの程度付着するのかを検証
 
参加者は、演習者32名、見学者9名の合計41名でした。

演習内容やアンケートの意見の詳細[53KB]
 
  • 消毒ポイントでの聞き取り作業
  • 車両消毒
  • 試掘説明 3.7mで湧水あり
  • 防護服着衣
  • フル装備完成
  • 模擬鶏を使った殺処分訓練
  • 模擬鶏は1羽4.5kg~5kg、防護服を着た作業は、汗だくです
  • ウイルス見立てた色素を散布
  • 慎重に脱衣しても内側に色素が付着脱衣中の消毒徹底が大切!!

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

下北地域県民局地域農林水産部 むつ家畜保健衛生所
電話:0175-22-1254  FAX:0175-22-1259

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度