ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 上北地域県民局地域健康福祉部保健総室(上十三保健所) > 食中毒が疑われたら

更新日付:2009年8月14日 上北地域県民局地域健康福祉部保健総室(上十三保健所)

食中毒が疑われたら

食中毒のおもな症状は以下の通りです。「もしかして食中毒かもしれない・・・・・」 とおもったら、すみやかに医療機関を受診しましょう。

おもな症状チェック

吐き気    □ 腹痛   □ 血便    □ 発熱
嘔吐      □ 下痢   □ 頭痛    □ 神経症状<嚥下(飲み下し)困難、言語障害、呼吸困難、視力低下など>

同じ食事をした人に同様の症状があれば、食中毒の確率が高くなります。
食中毒が疑われた人は、次のポイントに注意しましょう。
ここがポイント
  • 症状の現れた時期、どんな症状か、最近食べ たもの、便の様子、一緒に食事をした人の様子などを伝える。
  • 医師の診察を受けるまで、素人判断で胃腸薬や下痢止めを服用しない。
  • 原因と思われる食品、なければ空いた容器や包装紙などをとっておく。
  • 吐いたものや便があればビニール袋に入れて 医師に見せる。
  • 被害の拡大を防ぐために最寄りの保健所に連絡を。

他人への感染を防ぐために

ここがポイント
  • 食中毒が疑われる人は、最後におふろに入り、シャワーのみにする。
  • 汚れてしまった衣類は煮沸か薬品で消毒してから、他の洗濯物と分けて洗い、日光で十分に干す。
  • 吐いたものや便を処理するときは、素手では扱わず、ゴム手袋を利用する。
  • もし触れた場合は、逆性せっけんや70% アルコールで消毒し、よく手を洗う。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

上北地域県民局地域健康福祉部保健総室(上十三保健所)
電話:0176-23-4261  FAX:0176-23-4246

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度