ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 東青地域県民局地域連携部 > 吉田松陰のたどった上磯の道

更新日付:2015年2月20日 地域連携部

吉田松陰のたどった上磯の道

吉田松陰は、長州藩の武士であり、幕末の維新志士を多く育てた思想家です。
松陰は、若かりし時分、ロシア船の北方出没を知りその防備を確かめるため、嘉永4年 (1851年)12月14日 (陰暦)に、脱藩覚悟で宮部鼎蔵と共に江戸から140日間に及ぶ東北遊学の旅に立ちました。江戸出発から嘉永5年(1852年)4月5日江戸へ帰るまでの視察状況を記録したのが『東北遊日記』です。その中には、津軽半島(三厩、今別、平舘、青森)をたどったという記録があり、上磯地域も通行しました。
ここでは、吉田松陰がたどった上磯ゆかりの地を紹介します。

1 みちのく松陰道登山口

吉田松陰が津軽海峡を防衛検分するために歩いたという、みちのく松陰道の登山口。登山道は、三厩地区算用師橋から算用師峠を越えて、中泊町の石川長浜橋まで約10キロメートル。森林鉄道軌道跡や青森ヒバ林の中を散策するトレッキングコースになっています。
標柱「みちのく松陰道入口」から登山口までは5km、車で10分。

所在地:東津軽郡外ヶ浜町三厩算用師
アクセス:三厩駅から20分
     青森市から車で約1時間30分(国道280号経由)
                                 連絡先:外ヶ浜町役場産業観光課 TEL0174-31-1111(代表)
(注)冬期通行止

2 松陰くぐり

袰月海岸の波打ち際にある洞門。かつて松前街道の難所で、嘉永5年(1852年)に吉田松陰が海峡警備の検分に平舘台場へ向かう途中、通ったとされることから、この名で呼ばれています。
現在は、道が水没しており通行できません。

所在地:東津軽郡今別町大字大泊
アクセス:国道280号線を三厩方面へ車で、鋳釜崎キャンプ場から約10分
     与茂内バス停から徒歩3分
連絡先:今別町役場企画課 TEL0174-35-2001

3 松陰顕彰碑(記念碑)

鋳釜崎に立つ、吉田松陰が「東北遊日記」で記している文を刻んだ記念碑。嘉永5年(1852)23歳の松陰が、津軽海峡の異変を藩を越え日本的視野で捉えた文章を綴っています。(青森県歴史の道整備促進協議会建立)

所在地:東津軽郡今別町大字袰月字鋳釜崎
アクセス:青森市内より国道280号線経由、車で約70分。
     鋳釜崎駐車場から徒歩5分。
連絡先:今別町役場企画課 TEL 0174-35-2001

4 高野崎

奇岩・怪岩が至る所に突き出ている迫力ある景勝地。晴れた日には西に龍飛崎、東に下北半島、北に北海道を眺望でき、海峡を往来する船の様子を一望できる夕日がとても綺麗な所です。岬の先端には紅白の灯台があり、そこから階段を降りていくと灯台から岩場を結ぶ橋「潮騒橋」と「渚橋」が架けられており、橋を渡るとゴツゴツした岩場で釣りや磯遊びが楽しめます。真っ青な海に光り揺らめく海藻が見え、とても綺麗です。


所在地:東津軽郡今別町大字袰月字村下70-1(展望いさりび信光丸)
アクセス:青森市より車で約1時間20分
連絡先:今別町役場企画課 TEL0174-35-2001

5 平舘台場跡

平舘台場跡は、嘉永2年(1849)に弘前藩が構築した砲台の跡で、弘化4年(1847)に平舘に異国船が現れたことを受けて設置されたもので、開国後に取り壊されました。
台場の遺構は、やや扇形をした土塁に囲まれていて、大砲を据えたと考えられる窪地が7ヶ所、出入口が2ヶ所残されています。 土塁の高さは約2.3m、幅は概ね10m、土塁内部は南北80m、東西11m程で、土塁には33本の松が植えられています。 平坦地に造られた7つの砲台を持つ西洋流の台場として大変重要なものとされています。
松陰はこの地を訪れ「砲台あり。砲門七箇にして常には炮を架せず。ここは南部の九艘泊まりと海を隔てて相対し、間僅かに三里のみ、而して内に更に大海湾を有す。此れ尤も其の要阨の処なり。台位すでに其の所を得、而して台の制も亦頗る佳し」と記しています。
松前街道は、津軽国定公園入口にある樹齢約300年の老黒松並木の旧街道。藩政時代に北海道の松前藩主が参勤交代の道として利用したことからこの名が付きました。街道沿いには平舘台場跡などの歴史資源が今も随所に残されています。

所在地:東津軽郡外ヶ浜町平舘太郎右ェ門沢1-3(道の駅たいらだて「Oh!だいば」海手側)  
アクセス:青森市から車で約1時間
連絡先:外ヶ浜町役場産業観光課 TEL0174-31-1111(代表)

6 「青森県歴史街道の図」の碑

松陰は、平舘地区の二ツ谷から船で青森へ移動しており、青森市の青い海公園には、青森県内における吉田松陰の足跡を記した「青森県歴史街道の図」があります。(青森県歴史の道整備促進協議会建立)


所在地:青森市安方2-14
アクセス:JR青森駅から徒歩15分


この記事についてのお問い合わせ

東青地域県民局地域連携部 地域支援室
電話:017-734-9412  FAX:017-734-8217

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度