ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 西北地域県民局地域健康福祉部保健総室(五所川原保健所) > みんなで守ろう 受診のルール

更新日付:2019年2月26日 西北地域県民局地域健康福祉部保健総室(五所川原保健所)

みんなで守ろう 受診のルール

適正受診の必要性

 西北五圏域では、医師不足が非常に深刻であり、特に病院勤務医師の過剰労働が問題になっています。このままでは、当圏域の医療体制が崩壊する可能性もあります。そのため、みなさんで受診のルールを確認して、地域の医療を守りましょう。

かかりつけ医を持ちましょう!

 日頃から気軽に相談できる「かかりつけ医」を持ちましょう。軽度の症状や慢性の病気は、「かかりつけ医」で受診しましょう。

診療時間内の受診を心がけましょう!

 休日や夜間の救急外来は、緊急性の高い患者さんの対応を目的としています。緊急時以外は、平日の時間内に受診するように心がけましょう。

緊急性の高い場合は、すぐに受診しましょう!

 「ロレツが回らない」、「片側の体や手足がしびれる」、「言葉が出ない」又は、「人の話が理解できない」などの脳卒中が疑われる場合、「突然の胸の痛み」、「動悸」又は、「めまい」などの心筋梗塞が疑われる場合など緊急性が高い場合は、迷わずにすぐ受診しましょう。

雇い主は、従業員の健康を管理しましょう!

 従業員の健康管理は、雇用主の義務になっています。もし、従業員の体調がすぐれない場合は、積極的に受診を勧めてください。そのために、業務を分担できるような体制を整備しましょう。

休日に具合が悪くなったら、医療機関紹介ダイヤルで確認しましょう!

 まずは、各消防本部に設置してある医療機関紹介ダイヤルに確認しましょう。
<医療機関紹介ダイヤル>
 五所川原地区消防本部:0173-34-4999
 つがる市消防本部:0173-42-3999
 鰺ヶ沢地区消防本部:0173-72-3999
 また、新聞、五所川原市ホームページ又は、県公式ホームページ(あおもり医療情報ネットワーク)で休日診療を実施している診療所を確認できます。
※五所川原市ホームページ(http://www.city.goshogawara.lg.jp/このリンクは別ウィンドウで開きます
 「もしものときは」の「夜間・休日医療機関」をクリック
※あおもり医療情報ネットワーク(http://www.qq.pref.aomori.jp/このリンクは別ウィンドウで開きます
 「休日夜間当番医を探す」をクリック

休日・夜間にお子さんの具合が悪くなったら、こども救急電話に相談しましょう!

 看護師からお子さんの症状に応じたアドバイスが受けられます。(治療行為ではありません。)

<こども救急電話相談>
電話番号:#8000または、017-722-1152

対応時間:平日 19時~翌朝8時 土曜日 13時~翌朝8時 日祝日 朝8時~翌朝8時
※8月13日と12月29日~翌年1月3日までは、日祝と同じ対応です。

啓発資材の使用について

 この啓発文章をホームページや広報誌へ掲載する際は、五所川原保健所へご一報ください。
 ポスターPDFファイル[2122KB]についてはご自由に使用してください。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

西北地域県民局地域健康福祉部保健総室(五所川原保健所)
電話:0173-34-2108  FAX:0173-34-7516

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度