ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 中南地域県民局地域健康福祉部福祉総室(中南地方福祉事務所) > 母子・父子・寡婦福祉

更新日付:2015年7月13日 中南地域県民局地域健康福祉部福祉総室(中南地方福祉事務所)

母子・父子・寡婦福祉

 母子・父子家庭や寡婦の方々が、安定した生活を営み、安心して子育てができる環境づくりを支援するために、さまざまな
制度があります。

福祉総室で取り扱う制度・事業

母子・父子・寡婦福祉資金
 母子・父子家庭および寡婦の方々に対し、経済的自立の助成と生活意欲の助長を図るため、各種資金の貸付を
行っています。貸付に際しては、連帯保証人が必要となります。

母子・父子・寡婦福祉資金貸付一覧表

【相談窓口】
福祉総室、お住まいの市町村担当課
母子家庭等自立支援教育訓練給付費補助事業
 町村に住所を有するひとり親家庭の父または母の主体的な能力開発の取り組みを支援するため、
自立促進に効果的と認められる講座を受講する場合、講座受講のために本人が支払った費用の一部を
支給します(事前に手続きが必要です)。
 
【相談窓口】 
こどもみらい課、福祉総室
母子・父子自立支援プログラム策定事業
 母子・父子自立支援プログラム策定員(母子・父子自立支援員が兼務)が、町村に住所を有する児童扶養手当を受給している方と面接し、生活や子育ての状況、自立・就労に向けた課題や阻害要因等を把握し、自立目標や支援内容等を設定するほか、必要な説明や情報提供、連絡調整を行うなどの支援をします。
 また、状況に応じて、公共職業安定所との連携による就労支援も行います。

【相談窓口】
福祉総室
母子・父子自立支援員による支援
 母子・父子家庭の母・父及び寡婦の方々に対し、自立支援のために必要な情報提供や各種相談等の支援を行うとともに、
職業能力の向上及び求職活動に関する支援を行います。

【相談窓口】
福祉総室

福祉総室以外で取り扱う制度・事業

ひとり親家庭等医療費助成事業
 ひとり親家庭等の子どもが満18歳に達した年度末まで、その子どもと父または母の医療費を軽減します。
 (所得制限があります)

【相談窓口】
お住まいの市町村担当課
ひとり親家庭等日常生活支援事業
 ひとり親家庭等において、病気などのため一時的に家事をする人がいないときなどに、家庭支援員を
派遣します。(所得制限があります)

【相談窓口】 
お住まいの市町村担当課
青森県母子家庭等就業・自立支援センター(017-735-4152)

この記事についてのお問い合わせ

中南地域県民局地域健康福祉部福祉総室
電話:0172-35-1622  FAX:0172-34-6201

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度