ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 青森港管理所 > 青森港の概要

更新日付:2018年4月1日 東青地域県民局地域整備部青森港管理所

青森港の概要

位置及び地勢
 青森港は、北緯40度49分、東経140度45分の本州最北端、陸奥湾の湾奥に位置し、東北新幹線・青い森鉄道・奥羽・津軽海峡各線の終着点で本州・北海道の連絡拠点となっている。その地勢は西に津軽半島、東に下北半島、中央に夏泊半島があり、北は津軽海峡を経て北海道(函館港)に達している。
気象
 青森に吹く風は冬季が南西風、春は南西風から南風、夏には北西風、秋になり西風が多くなり、概ね年を通じて西風が卓越している。
 風速は一般に冬から春にかけて強く夏季に弱い。これは冬の季節風の吹き出しと発達した低気圧によるものである。9月から10月頃にかけての全国的な台風の影響もしばしば起きるが、船舶への影響はほとんどない。これまでの本港の最大風速の極値は32.9m、最大瞬間風速は53.9m(平成3年9月28日台風19号)である。青森の平均気温は10℃程度である。これまで青森市に於いて記録された最高気温は36.7℃(平成6年8月12日)で最低気温は-24.7℃(昭和6年2月23日)である。年総降水量は平年1,300mm程度である。
 降雪期間は11月下旬から4月上旬までの約5ヶ月間で、この間北西季節風が主である。一般に積雪の深さが最大となるのは2月半ば頃である。
海象
 湾内の波は比較的小さく年を通じて約90%は5cm以下の波高である。湾内では一般に海流が弱く、その出入り口に当たる平舘海峡では漲潮時には湾入し、落潮時には湾外に出る流れとなる。一般に津軽海峡では平常時には海流は潮流を圧しているが変動が大きくもっとも流れの速いのは海峡東口の北海道汐首岬と青森県大間岬間及び海峡西口の北海道白神岬と青森県竜飛間である。
 また、青森港内の平均満潮位と平均干潮位の潮位差は約80.1cmである。
青森港の位置図

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

東青地域県民局地域整備部 青森港管理所 管理担当
電話:017-734-4101  FAX:017-776-1263

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度