ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 東青地域県民局地域整備部 > barrage journal(ダム新聞) 第136号

更新日付:2019年3月11日 東青地域県民局地域整備部駒込ダム建設所

barrage journal(ダム新聞) 第136号

ばらーじゅ・じゅるなる
第136号 平成31年3月

「ダム新聞(Barrage journal)」について

歴代のダム新聞
 ダムの役割、ダムの仕事などを知っていただこうと考え、平成19年6月に創刊した「ダム新聞(Barrage journal)」は、 今回の発行をもって第136号に達しました。
 これまでいろいろな話題をお伝えしてきましたが、2019年度(平成31年度)から駒込ダムの本体建設工事に着工し、駒込ダム建設所の業務内容も新たな段階を迎えることとなり、みなさまへお伝えする内容もより多くなることから、「ダム新聞」の在り方を検討したところ、本号を最終号とすることとなりました。
駒込ダム建設所の新しいホームページのイメージ画像
 これまで、「ダム新聞」を楽しみにしていた方々には申し訳ありませんが、ご理解いただくとともに、これまでのご愛読に、 この場をお借りし、感謝申し上げます。
 なお、駒込ダムの工事の状況、下湯ダム・浅虫ダムの管理の状況については、現在の駒込ダム建設所ホームページを刷新し(現在、作成中)、各情報をわかりやすくお伝えしていきます。また、これまでと同様、「掲示板」で駒込ダム建設工事実施状況をお知らせするとともに、「駒込ダム工事だより(仮称)」や「ダム管理トピックス(仮称)」などを駒込ダム建設所等で配付させていただきます。
※これまで発行した「ダム新聞」は引き続き、ホームページ(下記アドレス)にてご覧いただけます。
 http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenmin/ao-kendo/barrage_journal_index.html

駒込ダムの積雪観測[1月・2月の調査結果!!]

 駒込ダム定点観測地点の積雪状況を報告します。
 現地観測を行った1月30日が210cm、2月19日が260cmと、例年の積雪量と比較して少ない傾向です。暖冬の影響でしょうか・・・?
 積雪観測については、駒込ダム本体の建設工事や完成後のダム管理のための一助とするため、今後も引き続き行っていきます!
  • 平成31年2月19日の駒込ダム定点観測地点の様子
  • 駒込ダム積雪状況グラフ

【下湯ダム】30年のあゆみ(これまでの管理を振り返って)

【下湯ダムの概要】
下湯ダム航空写真
所在地:青森県青森市大字荒川
河川名:二級河川堤川水系堤川
型式:ロックフィルダム
堤高:70.0m
堤頂長:783.5m
総貯水容量:1,260万m3
本体着工年:昭和55年(1980)
完成年:昭和63年(1988)
※昭和63年度の完成から今年度で30年の節目の年を迎えました。

 下湯ダムは、堤川の洪水調節、既得用水の安定化・河川環境の保全、青森市の水道用水の供給を目的としており、併せて流水を有効活用した管理用発電も行っています。
今年で下湯ダムは完成から30周年
【30年間の実績】

(1)洪水調節回数:71回
 洪水調節とは、洪水の一部をダム貯水池に貯め込むことにより、下流に流す水の量を低減させることを言います。下湯ダムで洪水調節を開始する基準は、流水の貯水池への流入量が毎秒45m3以上の場合となります。
 昭和63年5月の洪水に始まり、これまで71回の洪水調節を行いました。年平均に換算すると2.4回/年となります。地球温暖化に伴う気候変動の影響なのか、平成30年度は過去最高の年間7回に及ぶ洪水調節を行いました。
洪水トップ5(流入量)
順位 発生年月日 要因 最大流入量m3/s 最大放流量m3/s
1 平成28年 8月30日 台風第10号 282.78 96.56
2 平成18年 8月18日 前線 164.22 20.49
3 平成10年 9月16日 台風第5号 162.27 34.87
4 平成19年 9月 7日 台風第9号 157.48 67.90
5 平成28年 8月22日 台風第9号 143.97 33.30

(2)最高・最低貯水位
 ・最高貯水位:272.31m(平成28年8月30日の過去最大洪水時)
 ・最低貯水位:255.00m(平成17年4月5日)
  • 下湯ダム本体のイメージ図
  • 雪化粧の下湯ダム
     雪のため、冬期間はダムへの
    流入量が少なくなります。
     最低水位を観測した平成17年
    4月も、雪解け前の時期です。
 設計最高水位:考えられる最大規模の洪水流量がダムから流下する場合における貯水池の最高水位
 洪水時最高貯水位:洪水時にダムによって一時的に貯留することとした流水の最高水位
 平常時最高貯水位:平常時にダムによって貯留することとした流水の最高水位
 (渇水と洪水の時期以外は常時この水位に保たれます。)
 最低水位:貯水池からの取水口の最低敷高で通常これよりも下の貯留水が利用できない水位
(3)水道用水取水量:約2億m3
 下湯ダムでは、大柳辺地点(取水位置)において、毎秒0.752m3の水量を堤川浄水場が取水できるように放流を行っています。
 青森市が運営する堤川浄水場では、水道用水を市内南西部の範囲に配水しており、平成30年は約1,300万m3の取水実績でした。参考までに、青森市全体で使用される水道水の量は、1日に約9万m3です。(1,300万m3/9万m3≒144日)
(4)管理用発電総量:約6,800万kWh
 水力発電の最大出力は350kWであり、これは家庭一世帯が1カ月に使用する電力量を発電し続けていることになります。また、家庭一世帯の年間消費電力量を4,400kWh、青森市の世帯数を13.6万世帯として、これまでに発電した電力量を例えてみたいと思います。
・4,400kWh/365日×13.6万世帯≒164万kWh/日
・6,800万kWh/164万kWh/日≒42日(6週間なので1.5カ月)
したがって、青森市全世帯の1.5カ月分に相当する電力を発電したことになります。
  • 水力発電のイメージ図
  • 下湯ダム発電室内の画像
 水が高いところから低いところへ落ちる力を使って水車を回し、電気をつくります。
 下湯ダムでは、ダム上下流での高低差約42mを利用して、水力発電を行っており、発電した電力量の約1割をダム管理で消費し、残りを売電しています。
(5)地震対応回数:12回(震度4以上)
 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)は意外にも3番目の大きさでした。なお、地震による被害は、揺れの大きさだけでなく、周期や継続時間によっても異なります。
地震トップ5(下湯ダムにおける揺れの大きさ)
順位 発生年月日 地震名または震源 震度(青森市花園) ダム地震計(基礎部)
1 平成 6年12月28日 三陸はるか沖地震 震度5 56.7gal
2 平成 5年 7月12日 北海道南西沖地震 震度4 25.0gal
3 平成23年 3月11日 東北地方太平洋沖地震 震度4 18.0gal
4 平成 6年10月 4日 北海道東方沖地震 震度4 16.0gal
5 平成 7年 1月 7日 岩手県沖(三陸はるか沖地震の余震) 震度4 14.8gal

gal:地震の揺れの大きさを表す単位
※これまで、地震による被害はありません。
(6)ダム見学回数:92回
 下湯ダムは、青森市内小学校の社会科学習などでも利用されており、訪れた児童にダムの役割や働きを説明しています。なお、平成30年度の見学会は5回でした。
 これまでに学校や団体を含め、延べ7,180名の見学者が訪れています。
  • 本年度の下湯ダム見学時の写真1
  • 本年度の下湯ダム見学時の写真2
  • 本年度の下湯ダム見学時の写真3
(7)ダムカード配布枚数:2,932枚(平成27年8月~平成30年12月)
 ダムの役割などをより知っていただくために、ダムカードを作成し、ダムを訪問した方に配布しています。なお、30周年を記念し、平成30年11月にバージョンアップをしました。
  • 下湯ダムカード新旧比較

【浅虫ダム】これまでの管理を振り返って

【浅虫ダムの概要】
浅虫ダム航空写真
所在地:青森県青森市大字浅虫
河川名:二級河川浅虫川水系浅虫川
型式:重量式コンクリートダム
堤高:9.0m
堤頂長:215.0m
総貯水容量:30万m3
本体着工年:平成 5年(1993)
完成年:平成14年(2002)

浅虫ダムは、浅虫川の洪水調節、既得用水の安定化・河川環境の保全を目的としており、東北有数の温泉地として有名な浅虫温泉街などを水害から守っています。
【16年間の実績】

(1)洪水調節回数:16回
 浅虫ダムで洪水調節を開始する基準は、流水の貯水池への流入量が毎秒3m3以上の場合となります。これまでの実績を年平均に換算すると、ちょうど年1回となりました。
 浅虫ダムには洪水調節をするためのトンネルが設置されており、大雨でダムに流れ込む水量が増加した時などは、このトンネルから増加した水量を直接海に流しています。
洪水トップ3(流入量)
順位 発生年月日 要因 最大流入量m3/s 最大放流量m3/s
1 平成19年11月12日 低気圧 19.70 17.68
2 平成28年 8月30日 台風第10号 17.20 16.48
3 平成25年 9月16日 台風第18号 13.47 13.37

(2)地震対応回数:13回(震度4以上)
地震トップ3(浅虫ダムにおける揺れの大きさ)
順位 発生年月日 地震名 震度(平内町小湊) ダム地震計(基礎部)
1 平成20年 7月24日 岩手県沿岸北部地震 震度4 46.2gal
2 平成23年 3月11日 東北地方太平洋沖地震 震度4 41.4gal
3 平成23年 6月23日 岩手県沖地震 震度4 24.7gal

※これまで、地震による被害はありません。

今後のダム管理について

 ダムが所定の効果及び機能を発揮するためには、適切な管理を継続していくことが重要です。施設の劣化が進む中、計画的なメンテナンスを行うとともに、平成30年7月の西日本豪雨などを教訓に、危機感を持って業務に臨みたいと思います。

お知らせコーナー

 青森県県土整備部では、様々な活動を広くPRするため、フェイスブックで情報発信しています!アドレスはこちら→→→https://www.facebook.com/aomori.kendo/
 下湯ダムのイベント(森と湖に親しむつどい)も投稿しておりますので、是非ご覧になり、「いいね!」をお願いします!

この記事についてのお問い合わせ

東青地域県民局地域整備部駒込ダム建設所
電話:017-777-3812  FAX:017-777-4064
ご意見・ご投稿・情報提供歓迎です。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度