ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 青森家畜保健衛生所 > 平成28年度東青地域高病原性鳥インフルエンザ防疫演習

更新日付:2016年11月18日 東青地域県民局地域農林水産部青森家畜保健衛生所

平成28年度東青地域高病原性鳥インフルエンザ防疫演習

今年度の東青地域における高病原性鳥インフルエンザ防疫実動演習を開催しました。

実動演習の概要

〇目 的
 東青地域において万が一高病原性鳥インフルエンザが発生した場合に、迅速かつ的確な防疫措置を行うことを目的に開催しており、特に今年度は、発生直後に設営する緊急消毒ポイントの設営に必要な実務について防疫実動演習を行い、職員の対応能力向上と防疫対応の強化を図りました。

〇 開催日時 平成28年11月8日(火) 9時00分〜16時00分

〇 開催場所 午前:青森家畜保健衛生所 午後:蓬田村ふるさと総合センター(多目的ホール及び駐車場)

〇 演習対象者 東青地域重要家畜伝染病情報連絡会議構成員、地域農林水産部職員

〇 演習内容
 午前の部(青森家畜保健衛生所)
 消毒ポイントの設営に必要な機材、器具等の確認、積み込み、搬出(実施者:地域農林水産部農業普及振興室、家畜保健衛生所職員)

 午後の部(蓬田村ふるさと総合センター)
 ・講 義 1 発生時における防疫作業の流れについて(異常家きん発生~消毒ポイントの設置・運営)
 ・講 義 2 消毒ポイントにおける作業手順について
 ・実動演習 消毒ポイントの設営(実施者:市町村、農協、地域農林水産部農業普及振興室職員)
 (防護服の着用→簡易テント・貯水タンクの組立→動力噴霧器の組立・動作確認→運転手対応→車両の消毒作業)
 ・意見交換 消毒作業演習後に演習の感想や提案等意見交換を行い、今後の取組や防疫体制の充実・強化に生かしました。

実動演習の実施状況

当日午前中の青森家畜保健衛生所倉庫内での消毒機材の確認、積込み、午後から蓬田村ふるさと総合センターで実施した実動演習の状況は以下のとおりです。

  • 機材の積込み
    消毒機材、機器の積込み
  • 講義2
    講義:消毒ポイントの作業手順
  • 消毒用防護服
    消毒作業者の防護服着用
  • 消毒機器の設置
    動力噴霧器の組立、動作確認
  • 運転手対応
    車両運転手への対応
  • 消毒作業
    消毒作業の実動演習

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

東青地域県民局地域農林水産部 青森家畜保健衛生所
電話:017-764-1744  FAX:017-728-0335

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度