ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 障害福祉課 > 身体障害者補助犬を見かけたら

更新日付:令和2年2月5日 障害福祉課

身体障害者補助犬を見かけたら

身体障害者補助犬を見かけたら

1 補助犬はペットじゃない からだの不自由な人のからだの一部です。
 

 補助犬とは、目や耳や手足が不自由な人のお手伝いをする、盲導犬、介助犬、聴導犬のことです。からだの不自由な人のからだの一部であり、ペットではありません。

 「身体障害者補助犬法」このリンクは別ウィンドウで開きますに基づいて認定された犬で、特別な訓練を受けています。きちんとしつけられているので、社会のマナーも守れるし、お手入れも行き届いていて衛生的です。だから、公共施設や交通機関をはじめ、飲食店やスーパー、ホテルなどのいろいろな場所に同伴できます。

 補助犬は、からだの不自由な人の自立と社会参加を助けています。補助犬のことを、もっともっと知ってください。

2 どこでもいっしょに行動します。
 

 公共施設をはじめ、いろいろな場所で補助犬を受け入れることは、「身体障害者補助犬法」このリンクは別ウィンドウで開きますで義務づけられています。「犬だから」という理由で受け入れを拒否せずに、あたたかく見守ってください。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

障害福祉課 社会参加推進グループ
電話:017-734-9309  FAX:017-734-8092

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度