ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 障害福祉課 > 青森県医療的ケア児支援シンポジウムを開催します

更新日付:平成30年9月5日 障害福祉課

青森県医療的ケア児支援シンポジウムを開催します

 医療技術の進歩等を背景として、人工呼吸器装着やたん吸引、経管栄養といった医療的ケアが日常的に必要な障害児が増加しています。
 医療的ケアを必要とする子どもとその家族が、地域で安心して暮らすことができるよう、その支援について考えるシンポジウムを開催します。
 青森県での医療的ケア児支援シンポジウムは初めての開催となります。
 医療的ケア児支援体制が、全国的に注目されている三重県から、三重大学医学部附属病院 小児トータルケアセンター長の岩本彰太郎先生をお招きしての基調講演のほか、青森県内における医療・福祉・教育の各分野の先駆的な医療的ケア児支援の取組みについてお話しいただきます。
 参加は無料です。
 皆様のご参加をお待ちしております。 【参加申込が必要です】
 

青森県医療的ケア児支援シンポジウム ご案内

シンポジウム開催案内(チラシ)PDFファイル[374KB]

日時 平成30年11月17日(土) 13:00~16:00 (開場 12:30)

場所 青森県立保健大学 講堂 (青森市浜館字間瀬58-1)

定員 200名

参加費 無料 <チラシ裏面の参加申込書により申込>

対象者 医療、保健、福祉、教育等の関係職員及び一般県民

申込み方法
 参加申込書(チラシ裏面)に記入のうえ、郵送またはファックスでお申込みください。

申込み期限
 平成30年10月31日(水)

申込み・問い合わせ先
 青森県健康福祉部障害福祉課社会参加推進グループ
 〒030-8570
 青森市長島1丁目1-1 
 TEL 017-734-9309
 FAX  017-734-8092

第1部 基調講演 13:00 ~ 14:00

演題 「三重県の医療的ケア児支援の取組みについて」

講師 三重大学医学部附属病院小児トータルケアセンター長
 岩本 彰太郎 氏

第2部 シンポジウム 14:10 ~ 16:00

テーマ 「医療的ケア児の支援を考える」

・シンポジスト
 網塚 貴介 氏 青森県立中央病院総合周産期母子医療センター成育科部長
 小倉 和也 氏 はちのへファミリークリニック院長
 宮本 ひろ子氏 幼保連携型認定こども園小さな森こども園園長
 樽澤 道子 氏 弘前大清水学園 児童発達支援センター児童発達支援管理責任者
 工藤 憲治 氏 むつ市立第三田名部小学校 教頭

・進行 
 網塚 貴介 氏
・助言者
 岩本 彰太郎 氏

チラシ (左記の画像をクリックするとPDFデータが表示されます)
moushikomisho
参加申込書 (左記の画像をクリックするとPDFデータが表示されます)

この記事についてのお問い合わせ

障害福祉課 社会参加推進グループ
電話:017-734-9309  FAX:017-734-8092

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度