ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 青森県立精神保健福祉センター > 依存症対策

更新日付:2019年4月10日 青森県立精神保健福祉センター

依存症対策

 依存症とは、アルコール、薬物、ギャンブルなどへの欲求をコントロールできなくなる「病気」です。自分だけではなく、家族や恋人など周りの人を巻き込みながら進行していきます。

 そのような依存症のことでお困りでしたら、ぜひお近くの保健所などの相談機関や、精神科医療機関にご相談ください。当センターでもご相談をお受けしております。ご本人と一緒の相談が難しい場合は、ご家族だけでも相談ができます。
1.個別相談
 電話でのご相談は、こころの電話(017-787-3957・3958)にてお受けしています。 
 来所相談は予約制です。こころの電話(017-787-3957・3958)にてあらかじめご予約ください。 
2.グループ支援 
 依存の問題に苦しむ本人やその家族が、同じ悩みや苦しみを支え合い、理解しあえる仲間と、出会いやつながりを作ってもらうことを目的として開催しています。
 対象は、アルコール、ギャンブル、薬物などの依存の問題に苦しむ本人及びその家族です。
 当センターでの相談歴がない方は、一度面接に来ていただいてからの参加をお勧めしています。
 『ご本人の会』と『ご家族の会』をそれぞれ開催しております。
 ・ ごあんないはこちらPDFファイル[175KB]

この記事についてのお問い合わせ

青森県立精神保健福祉センター
電話:017-787-3951   FAX:017-787-3956
※メールによるご相談はお受けしておりません。
 また、特定の個人に関する内容(申請に対する審査の進捗状況等)についても、メールでのお問合せには回答できませんのでご了承ください。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度