ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > こどもみらい課 > どうして働き方改革が必要なの?【働き方改革の概要】

更新日付:2017年10月31日 こどもみらい課

どうして働き方改革が必要なの?【働き方改革の概要】

労働力人口の減少、長時間労働等不適切な労働時間、生産性向上の低迷といった3つの経済・社会環境の変化に対応するため「働き方改革」が必要です。

労働力

人口減少により労働力供給が減少しているほか、働く人の価値観や生活も多様化しています。このため、多様な人材を受け入れ、活躍できる職場にすることが重要です。

労働時間

 長時間労働は心身に影響を及ぼし、重大な健康問題を引き起こすことにより、貴重な人材を失うことにもなりかねません。また、夫の長時間労働が重なると妻の家事・育児の負担が増し、夫婦各々の仕事と育児の両立が難しくなり、本県の少子化の進行に拍車をかける結果をもたらすことも懸念されます。
 適切な労働時間を維持することはワーク・ライフ・バランスを推進し、健康で生き生きと活躍できる職場づくりにもつながります。

労働生産性

労働生産性の低迷をもたらす一因に、イノベーション欠如が挙げられます。
また、限られた時間やマンパワーを最大限に活かすためには、非正規雇用者を含めた従業員のモチベーションを高めることが重要であり、人材の管理や有効活用等の見直しが求められます。

この記事についてのお問い合わせ

こどもみらい課 子育て支援グループ
電話:017‐734-9301  FAX:017‐734-8091

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度