ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > がん生活習慣病対策課 > 青森県大腸がん検診モデル事業

更新日付:2019年11月1日 がん・生活習慣病対策課

青森県大腸がん検診モデル事業

大腸がん検診モデル事業に関する情報を掲載したページです。

新着情報

モデル事業の対象となった方に、はがきでお知らせした「大腸がん検診」(便潜血検査)については、令和元年10月31日で受付を終了しました。
申込みを受付した方には、令和2年1月上旬~中旬に大腸がん検診の検査キット等をお送りします。
なお、検体(便を採取した検査キット)の提出期限は1月31日までとなります。

大腸がん検診モデル事業とは

 青森県のがんの75歳未満年齢調整死亡率は、平成16年以降全国最下位であり、がんの罹患率は全国平均並みだが、がんの早期発見が少なく、この診断の遅れが死亡率に大きく影響していることが指摘されていました。(弘前大学に設置した寄附講座「地域がん疫学講座」の研究・分析結果)
 このため、県内外の学識経験者等をメンバーとした「がん早期発見のための事業検討会」を開催し、がんの死亡率の減少に、より効果的で具体的な取組について協議・検討した結果、全国ワースト1位の増加率となっている大腸がんの死亡率改善に向けて取り組むことが必要とされ、平成29年度~31年度の3年間で、「大腸がん検診モデル事業」を実施することとしたものです。

大腸がん検診モデル事業概要

モデル事業対象地域

 モデル事業は、青森市と弘前市をモデル地域として実施します。
 両市の住民で、各年度で50歳から59歳になる方のうち、過去5年間に両市が行う大腸がん検診を受診したことがない方や青森県総合健診センターで大腸がん検診を受診したことがない方を対象として、モデル事業で受けられる大腸がん検診の案内を送付しています。

便潜血検査で精密検査が必要とされた方へ

大腸がん検診で精密検査が必要と判定された時は、「症状がないから」と自分で判断せずに、必ず精密検査を受けることが大切です。精密検査を受けられる医療機関の一覧を通知に同封しますので、早めに受診してください。
なお、もう一度便潜血検査をするのは適切ではありません。全大腸内視鏡検査が第一選択となります。

統計・研究への利用について

 青森県では、大腸がん検診モデル事業で得られたデータを、青森県のがん死亡率の改善に向けた統計・研究を行うための基礎資料として利用いたします。基礎資料の利用にあたっては、個人情報の保護に十分配慮し、また個人が識別される情報の公表は行いません。
 統計・研究に利用されることを希望されない方は、青森県がん・生活習慣病対策課(電話017-734-9216)へお申し出ください。

この記事についてのお問い合わせ

がん・生活習慣病対策課
電話:017-734-9216  FAX:017-734-8045

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度