ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > がん生活習慣病対策課 > 平成30年度あおもりアグリヘルスアップセミナーを開催します

更新日付:2019年2月6日 がん・生活習慣病対策課

平成30年度あおもりアグリヘルスアップセミナーを開催します

目的

 5年毎に公表される人口動態職業・産業別統計によると、青森県の第一次産業者の年齢調整死亡率は、第二次産業、第三次産業よりも高い状況が続いています。
 また、平成27年に実施された国勢調査によると、第一次産業就業者の45.4%が65歳以上であり、第二次産業、第三次産業と比較すると高齢化が著しく進んでいます。

 このため、県では、第一次産業就業者に対する健康づくりについて農協、漁協、市町村の各担当者等に情報提供するため、「平成30年度あおもりアグリヘルスアップセミナー」を開催します。

日時

平成31年2月23日(土)13時30分から15時00分まで

場所

五所川原市民学習情報センター(五所川原市一ツ谷503-5)
・JR五所川原駅裏です。
・エルムショッピングセンターから車で5分です。

対象者

・県内の農協、漁協で、組合員を対象とした健康づくりに取り組みたいとお考えの方
・市町村で健康づくりに関する業務を担当している方
・市町村で国民健康保険に関する業務を担当している方
・第一次産業就業者の健康づくりに興味のある方 等

開催内容

 今回のセミナーでは、町と漁協が連携しながら漁協組合員の健康づくりに取り組んでいる中泊町の事例を紹介するため、小泊診療所の所長である平野貴大(ひらのたかひろ)先生、中泊町の古川保健師さん、下前漁協の長内女性部長さんにお話しいだたきます。

詳しい内容はチラシご覧ください。
↓↓↓
1
お申込みは参加申込書をファクシミリでお送りください。(宛先ファックス番号017-734-8045)
↓↓↓

中泊町・小泊漁協・下前漁協の取組について

 今年度、小泊漁協、下前漁協では、中泊町と連携しながら、漁協組合員の健康づくりに取り組んでいます。取組に当たっては、今回のセミナーの講師でもある小泊診療所の所長の平野先生から御助言をいただき、NPO法人ムラのミライが提唱するメタファシリテーション(※)の手法を使って、中泊町の保健師の皆さんが漁協組合員の「生活の生の声」を聞き出しながら、進めています。

※メタファシリテーションとは、質問を工夫し、相手の気づきを促し、次の取組を促進することを目的とした手法のことで、地域開発、子育て支援などの様々な場面で使われています。
  • 1
    中泊町保健師の皆さんによる漁協組合員の方々への聞き取り調査
  • 1
    聞取り内容の振り返り
 中泊町、小泊漁協、下前漁協が連携しながら進めている漁協組合員の健康づくりの取組については、以下のとおり放送される県の広報番組で紹介されます。是非、ご覧ください。
・番組名 青森朝日放送「メッセージ」(アグリヘルスアップに挑戦!~農業・漁業の未来のために~)
・放送日時 平成31年2月9日(土)9時30分から9時35分まで

この記事についてのお問い合わせ

健康福祉部がん・生活習慣病対策課健やか力推進グループ
電話:017-734-9212  FAX:017-734-8045

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度