ホーム > 組織でさがす > 県土整備部 > 港湾空港課 > 八戸港内における防護ライン及び防潮堤等計画高の設定について

更新日付:2013年3月27日 港湾空港課

八戸港内における防護ライン及び防潮堤等計画高の設定について

 東日本大震災後の平成23年8月に策定された「八戸港復旧・復興方針」では、発生頻度の高い津波から守るべきエリアが浸水しないように防護ラインを設定することとし、その際は、費用及び効果を考慮した上で防護施設を効果的に組み合わせて検討することが示されました。
 また、平成24年8月に開催された青森県海岸津波対策検討会では、八戸港内における海岸保全施設等の計画堤防高を決めるに当たって、今後の港湾施設等整備による津波低減効果等を考慮して検討することになりました。
 このため、当課では、漁港漁場整備課、河川砂防課及び八戸市関係各課と調整会議を開催し、八戸港内における防護ライン及び防潮堤等計画高(案)を取りまとめました。
 なお、今回の防護ライン及び防潮堤等計画高(案)については、今後住民説明会等を開催した上で必要な見直しを行いながら事業を進めていきます。


【調整会議メンバー】
青森県:港湾空港課、漁港漁場整備課、河川砂防課
八戸市:港湾河川課、政策推進課、防災危機管理課、産業振興課、水産振興課、都市政策課


 八戸港内における防護ライン及び防潮堤等計画高の設定について(概要版) PDFファイル 2,845KB

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

港湾空港課 港湾整備推進G
電話:017-734-9677  FAX:017-734-8194

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度