ホーム > 組織でさがす > 県土整備部 > 建築住宅課 > 県営住宅あんしん見守り体制推進事業

更新日付:2015年2月4日 建築住宅課

県営住宅あんしん見守り体制推進事業

県営住宅あんしん見守り体制推進事業とは

 近年、孤立死(孤独死)が社会問題となっていますが、県営住宅においても、平成14年からの10年間で、16名(うち高齢者8名)の方が孤立死されています。
 このため、建築住宅課では、平成23年度と平成24年度の2ヶ年で「県営住宅あんしん見守り体制推進事業」を実施しました。この事業は、県内6地区の県営住宅においてモデル的に実施し、地域における見守り意識の向上を図ることで、緊急時の迅速な対応や入居者の安心感向上とともに、孤立死の予防を目的としたものです。
 具体的には、入居者アンケートの実施や、団地関係者、福祉関係者、有識者等による研究会を開催して、見守りに関するニーズや課題を整理するとともに、見守りのあり方を検討しました。
 研究会では、活発な意見交換の中で、具体的な見守り方法として、家族構成やかかりつけ医等の入居者情報などを記載した「あんしん見守りカード」を作成し、緊急事態発生時に備えることや、救急・警察・福祉窓口などを記した「緊急安心カード」の入居者への配布が提案され、事業を行った団地で実施しました。
 この事業は平成24年度で終了しましたが、建築住宅課では、この2年間で得たノウハウを、他の県営住宅や市町村営住宅へ普及・啓発していきたいと考えています。平成25年度は、県営住宅管理人会議や公営住宅等整備・管理担当者研修会において事業の成果を説明しました。
 詳細な事業内容については、こちらをご覧ください。

県営住宅あんしん見守り体制推進事業報告書 PDFファイル 9,530KB
県営住宅あんしん見守り体制推進事業(第2期)報告書 PDFファイル 9,144KB

 また、社会資本整備総合交付金の活用事例を集めた「住まいから始める地域・まちづくり2014」(平成26年度)において、この事業が掲載されました。
 詳細な内容については、こちらをご覧ください。

「住まいから始める地域・まちづくり2014」に掲載された原稿 PDFファイル 728KB

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青森県県土整備部建築住宅課県営住宅整備グループ
電話:017-722-1111(内)4362  FAX:017-734-8197

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度