ホーム > 組織でさがす > 県土整備部 > 道路課 > 再生エネルギーロード推進事業

更新日付:2014年11月21日 道路課

再生エネルギーロード推進事業

再生エネルギーロード推進事業(H24~H25)

 再生可能エネルギー法成立により、再生エネルギーに注目が集まっており、新たなビジネスチャンスが産み出されています。一方、県内においても、重油価格の高止まりが続く中、津軽地域で木質ペレット工場が稼働する等、再生可能エネルギー産業の可能性が広がっています。そこで、道路高架橋下等で、再生可能エネルギーの発電施設等のPPP事業の可能性を調査・検討し、県民に最も身近な県管理道路において道路空間を活用した、再生可能エネルギー活用事例を創出し、再生可能エネルギーの普及、県内経済・雇用の活性化を目指します。
 このため平成24年度から平成25年度の2箇年で、県管理の道路高架橋下等で、再生可能エネルギー発電施設等を、民間が自ら金融機関等から資金調達して建設し、売電収入により維持管理・運営費・返済をまかなうPPP事業の可能性を調査・検討するほか、先進地事例や最新動向などを紹介するセミナー、民間企業間のマッチングフェアを開催し、青森浪岡線スカイブリッジについて事業者を募集しました。

【参考】「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」
  2012年7月1日から施行。太陽光、風力、バイオマス、地熱、中小水力(3万キロ ワット未満)による電気を一定期間、固定価格で買い取るよう電力会社に義務付け。

(主)青森浪岡線スカイブリッジで太陽光発電事業を行う道路占用者を決定しました。

道路占用予定者の名称: 丸喜株式会社齋藤組

(主)青森浪岡線スカイブリッジの太陽光発電施設が完成しました。

完成写真(平成26年11月13日)
  • 全 景
  • 4~1のブロック
  • 4~1のブロック
  • 7~6のブロック

青森県管理道路の高架橋の事例

(主)青森浪岡線 スカイブリッジ
橋長 L=587.5m
青森市
国道101号 湊大橋
橋長 L=98m
五所川原市
国道454号 えんぶりっじ
橋長 L=485m
八戸市

再生可能エネルギー関係リンク

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

道路環境グループ
電話:017-734-9656  FAX:017-734-8189

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度