ホーム > 組織でさがす > 監査委員 > 監査の組織体制

更新日付:2017年9月20日 青森県監査委員事務局第一課

監査の組織体制

監査委員

 監査委員は、普通地方公共団体の長が議会の同意を得て選任するもので、その定数は都道府県の場合4人と定められ、財務管理又は事業の経営管理などについて識見を有する者から2人、議員のうちから2人選任されます。ただし、条例で識見を有する者の定数を増加することができます。
 任期は、識見を有する者のうちから選任される委員は4年、議員のうちから選任される委員は議員の任期によることとされています。
 識見を有する者のうちから選任される委員は常勤とすることができるとされており(本県では常勤を1人と定めています)、常勤の監査委員が代表監査委員として監査委員に関する庶務事項を処理することとされています。
青森県の監査委員
区分 氏名 就任年月日 備考
識見委員 須 藤 光 昭 平成29年4月1日 常  勤 代表監査委員
識見委員 川   嶋   由紀子 平成28年4月1日 非常勤
議選委員 藤 川 友 信 平成29年7月1日 非常勤
議選委員 工 藤 義 春 平成29年7月1日 非常勤

監査委員事務局

 監査委員の補助機関として事務局が設置されており、事務局長以下2課で構成されています。
第一課
総務・企画担当
 定期監査の総合的企画調整、委員協議会、研修企画、庶務
特別監査担当
 行政事務監査、包括外部監査、随時監査、住民監査請求
第二課
普通会計担当
 普通会計決算審査、普通会計例月出納検査、基金運用状況審査、指定金融機関等監査
企業会計担当
 企業会計決算審査、企業会計例月出納検査、財政的援助団体等監査の企画調整

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

監査委員事務局第一課総務・企画担当
電話:017-734-9845  FAX:017-734-8261

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度