ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 自然保護課 > 青森県狩猟マイスター養成講座開催業務に係る企画提案競技

更新日付:2019年7月3日 自然保護課

青森県狩猟マイスター養成講座開催業務に係る企画提案競技

本県では、指定管理鳥獣であるニホンジカやイノシシの目撃件数が年々増加し、その範囲も県全域に拡大していることから、県内の農林業被害や生態系への影響等が懸念されているとともに、ツキノワグマについても、出没件数や人身被害件数が増加しており、今後の人身被害等の拡大が懸念されています。
一方、これらを捕獲する狩猟者の減少や高齢化などにより、持続的な狩猟体制を維持することが困難な状況であり、かつ、多くの狩猟者は鳥類や小動物を狩猟対象としているため、大型獣類の捕獲技術を有する狩猟者は少ない状況にあることから、指定管理鳥獣等の捕獲に必要な狩猟技術の向上を図り、人獣共通感染症の予防対策として捕獲した個体の適切な解体処理技術の知見を有した狩猟者を養成するため、青森県狩猟マイスター養成講座を開催することとしています。
つきましては、本業務を実施する委託者を選定するため、下記により企画提案競技を実施します。

企画提案競技の実施方法

実施要領PDFファイル[213KB]このリンクは別ウィンドウで開きます

仕様書PDFファイル[184KB]このリンクは別ウィンドウで開きます

企画提案競技への参加要件

次の要件を満たす者とする。

  1. 当該業務を実施する業務員には、環境省の鳥獣保護管理に係る人材登録事業で登録されている「鳥獣保護管理捕獲コーディネーター(ただし、専門とする鳥獣としてニホンジカ、イノシシ及びツキノワグマをすべて含む者に限る。)」が1名以上含まれていること(仕様書を参照のこと)。
  2. 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項及び第2項各号の規定に該当しない者であること。
  3. 会社更生法(昭和27年法律第172号)に基づく更正手続開始の申立がなされていない者であること。
  4. 民事再生法(昭和11年法律第225号)に基づく更正手続開始の申立がなされていない者であること。
  5. 県税、消費税及び地方消費税等の滞納がないこと。
  6. 宗教活動若しくは政治活動を主たる目的とする団体、特定の公職者(候補者を含む)や政党などを推薦、支持又は反対する目的の団体、暴力団又は暴力団員の統制の下にある者でないこと。

提出書類及び提出期限

・参加表明書:令和元年7月17日(水)17時まで

・企画提案書、概算見積書及び業務員名簿(各1部):令和元年7月24日(水)17時まで

提出先

〒030-8570青森市長島1-1-1青森県環境生活部自然保護課あて
TEL.017-734-9257  FAX.017-734-8072

この記事についてのお問い合わせ

青森県環境生活部自然保護課・自然環境グループ
電話:017-734-9257  FAX:017-734-8072

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度