ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 自然保護課 > 【企画提案公募】平成29年度下北地域ツキノワグマ生息数調査業務の企画提案を公募します

更新日付:2017年4月27日 自然保護課

【企画提案公募】平成29年度下北地域ツキノワグマ生息数調査業務の企画提案を公募します

 青森県では、下北地域に生息するツキノワグマの個体数を把握するため、「平成29年度下北地域ツキノワグマ生息数調査」の企画提案を募集します。詳しくは公募要領等を御覧ください。
◆4月27日 委託業務に関する質問2及び回答2を掲載しました。

1 委託業務名

平成29年度下北地域ツキノワグマ生息数調査業務

2 業務の目的

平成28年におけるツキノワグマの大量出没を踏まえ、ツキノワグマの保護管理対策を検討するに当たり、下北地域に生息するツキノワグマの個体数を把握する業務を委託するものです。

3 委託金額

7,807千円以内(消費税及び地方消費税を含む。)

4 公募する業務の要件

次の要件をすべて満たすこと。

(1)調査方法はカメラトラップ法とすること。
(2)下北地域(むつ市、大間町、東通村、風間浦村、佐井村)に生息するツキノワグマの個体数を推定するものであること。

5 委託期間

委託契約締結日から平成30年2月28日まで

6 応募方法

(1)参加表明書
 平成29年5月2日(火)17時まで(必着)に、持参、郵送、FAX又はメールで提出してください。

(2)応募書類
 平成29年5月17日(水)17時まで(必着)に、5部を持参又は郵送で提出してください。

(3)提出先
 〒030-8570 青森県青森市長島1-1-1
 青森県環境生活部 自然保護課 自然環境グループ 担当:木戸技師
 FAX:017-734-8072
 メール:shizen@pref.aomori.jp

7 実施要領及び提出書類

8 委託業務に関する質問及び回答

【質問1】応募書類の「応募実施計画書(様式2)」は複数ページにわたって記載してもよいか。1ページに収めなければならないか。 

【回答1】「業務実施計画書(様式2)」は、1ページに収まらない場合は、複数ページにわたって記載しても構いません。適宜記入欄を拡大し記載してください。なお、「事業実績書(様式3)」、「経費見積書(様式4)」についても、同様とします。


【質問2】契約候補の選定にあたる①から④の審査項目について、審査の基準、項目毎の配点等はどのようになっているのか。
①事業計画内容の実現性、②実施体制、業務体制、③類似の業務実績、④経費見積の妥当性

【回答2】審査の基準は、①から④に示すとおりです。詳細な審査内容や配点については、非公表としておりますので、ご了承願います。
①下北地域ツキノワグマの生息数の把握に必要な手法又は調査内容となっているかどうか評価する。
②生息数調査法が的確に実施できる人員や管理体制が整っているかどうか評価する。
③類似した調査実績があるかどうか評価する。
④経費の積算内訳が妥当かどうか、経費の縮減を図っているかどうか評価する。

この記事についてのお問い合わせ

自然保護課 自然環境グループ
電話:017-734-9257 FAX:017-734-8072

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度