ホーム > 組織でさがす > エネルギー総合対策局 > 青森県量子科学センター > 青森県量子科学センターについて

更新日付:2017年5月31日 青森県量子科学センター

青森県量子科学センターについて

 県では、原子力関連施設の立地環境を活かして、量子科学分野の人材育成、研究開発においても、積極的に貢献していくため、その活動の拠点となる施設として、「青森県量子科学センター」を六ヶ所村に整備しています。
 平成29年10月の開設に向け、平成29年4月から職員が常駐して開設準備を行っています。
 また平成30年4月からは指定管理者制度の導入を予定しています。(募集時期は平成29年6月の予定です。)
拠点施設鳥瞰図
所在地:上北郡六ケ所村大字尾駮字表舘2番190
施設概要
研究棟 <RC造一部鉄骨造平屋建 870平方メートル>
 物理・化学・材料試験のための実験室、分析室等

RI棟 <RC造一部鉄骨造地上2階地下1階建 2,690平方メートル>
 サイクロトロン室、PET関連研究及び放射性同位元素(RI)を使用する物理・化学・生物等の試験のための実験室等

研修棟 <RC造一部鉄骨造2階建 1,399平方メートル>
 人材育成のための研修室、地域産業振興のための産学連携室、外部利用者のための宿泊室等

電気機械棟 <鉄骨造平屋建 569平方メートル>
主な研究設備
サイクロトロン加速器、中性子透過試験装置、PET/CT装置、材料試験装置、化学分析装置等
整備スケジュール
平成26年度: 施設設計
平成27年度: 用地取得
建設工事着工
大型設備製造着手
平成28年度: 放射性同位元素等使用許可申請
施設竣工
平成29年度: 研究用設備設置完了
放射性同位元素等使用許可に係る施設検査
供用開始

人材育成活動
 教育機関等との連携により、高校生、高専生を対象とした原子力・放射線に関する基礎的な研修、大学生、大学院生を対象とした学位取得のための専門的な講義・演習や近隣の原子力関連施設と連携した実習、社会人を対象とした職位別のスキルアップのための研修やキャリアアップを目指した大学院教育のほか、放射性物質の取り扱いに関する国家資格の取得に向けた研修など、幅広い内容を検討しています。
研究開発活動
 センターにおいては、次の4つのテーマを中心に研究開発課題を原則として公募により選定し県からの委託による研究を実施するなど、大学・研究機関・企業等による施設・設備の共同利用の促進に取り組んでいきます。
  • 高レベル放射性廃棄物からの放射性同位元素の高度分離技術の開発
  • 放射性同位元素の医学・工学等への応用
  • 先進放射線計測技術の開発
  • 放射線・放射線場を用いた材料科学技術の開発
青森県原子力人材育成・研究開発拠点施設運営検討委員会
 大学、研究機関、産業界等からなる委員会を開催し、管理運営体制や人材育成・研究開発の活動内容の検討を行っています。
 青森県原子力人材育成・研究開発拠点施設運営検討委員会
原子力人材育成研究開発推進フォーラム
 原子力分野の人材育成・研究開発の必要性・重要性をPRするとともに、県の取組を周知することを目的とした広報活動を行っています。  原子力人材育成・研究開発推進フォーラム
計画・構想

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青森県 エネルギー総合対策局 青森県量子科学センター
電話:017-734-9725  FAX:017-734-8213
青森県量子科学センター(六ヶ所村駐在)
電話:0175-72-1270 / FAX:0175-73-2101

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度