ホーム > しごと・産業 > 新産業創造 > 令和元年度「知財活用サロン(ブランド戦略と知的財産の関わり)」開催のお知らせ

更新日付:2019年7月1日 新産業創造課

令和元年度「知財活用サロン(ブランド戦略と知的財産の関わり)」開催のお知らせ


 県では、県内の事業者等を対象に、知的財産の観点から商品だけでなく企業自身のブランド戦略を企画するセミナーを、一般社団法人青森県発明協会に委託して開催します。

 商品の価値を高める「ブランド戦略」とは何でしょうか?
 「商標=ブランド」ではありません。商標はブランドの主たる構成要素ですが、その他の取り組みも必要です。

 このサロンでは、ブランド構築について知的財産・商品開発・経営・デザインの専門家がわかりやすく説明するとともに、ロゴマーク、パッケージデザイン、展示ブースの作成支援など参加者へのアフターフォローも行います。

みなさんも、自社ブランドの構築に取り組んでみませんか?

講師

加藤 哲也 氏(ケイシグナル 代表、青森県よろず支援拠点チーフコーディネーター)
山田 貴弘 氏(中小企業診断士、青森県よろず支援拠点コーディネーター)
木村 正幸 氏(デザイン工房エスパス 代表 アートテ゛ィレクター/テ゛サ゛イナー)
工藤 洋司 氏((地独)青森県産業技術センター 弘前工業研究所 デザイン推進室 研究管理員)
田中 智 氏 (青森県知財総合支援窓口 窓口支援担当者)

講義内容

第1回:ブランドと商品企画(講師:加藤氏、田中氏)
 ・ブランドづくりに取り組もう(ブランドイメージを捉えた戦略、ブランド戦略を反映した商品開発)
 ・ブランドの階層と商標
第2回:ブランドと経営戦略(講師:加藤氏、山田氏)
 ・経営計画とブランド
 ・ブランドを活用した「儲かる」事業計画づくり
 ・原価計算
 ・販売先と価格設定
第3回:ブランドデザイン企画と実務(講師:木村氏、工藤氏、田中氏)
 ・デザイナーの仕事(デザインの実例、中身、ブランディング)
 ・ブランドのデザイン企画(ビジュアル・イメージ・ボードの作成)
 ・ブランドマークのポイント、デザインで引きつけた事例
※進行状況により内容が変更する場合がございます。

開催会場及び日程

表のタイトル
回数 弘前会場 青森会場
第1回 7月23日(火)18時~20時
地方独立行政法人 青森県産業技術センター 弘前工業研究所
(〒036-8104 弘前市扇町1丁目1番8)
7月24日(水)18時~20時
青森県観光物産館アスパム6階 岩木
(〒031-0081 青森県青森市安方1丁目1番40号)
第2回 8月27日(火)18時~20時
地方独立行政法人 青森県産業技術センター 弘前工業研究所
(〒036-8104 弘前市扇町1丁目1番8)
8月28日(水)18時~20時
青森県観光物産館アスパム9階 南部
(〒031-0081 青森県青森市安方1丁目1番40号)
第3回 9月19日(木)13時30分~15時30分
地方独立行政法人 青森県産業技術センター 弘前工業研究所
(〒036-8104 弘前市扇町1丁目1番8)
9月20日(金)14時30分~16時30分
青森県観光物産館アスパム9階 津軽
(〒031-0081 青森県青森市安方1丁目1番40号)

参集範囲

中小企業等

定員

各会場 10名程度

参加費

無料

申込方法・期限

 参加申込書に御記入の上、郵送・FAX・電子メールでお申し込みください。

 申込期限
 弘前会場:令和元年7月16日(火)
 青森会場:令和元年7月17日(水)
 ※申込期間終了後も定員に余裕がある場合は、受け付けますのでお問い合わせください。

 →弘前会場参加申込書はこちら[913KB]

 →青森会場参加申込書はこちら[945KB]

申込先・お問い合わせ

一般社団法人青森県発明協会(青森県知的財産支援センター内)
〒030-8570
青森市長島1丁目1番1号 青森県庁北棟1階
TEL:017-762-7351
FAX:017-762-7352
e-mail:aomoipc1@jomon.ne.jp

この記事についてのお問い合わせ

青森県知的財産支援センター
電話:017-722-1111(代表)     直通:017-734-9417(直通)     FAX:017-734-8116
利用時間:午前8時30分〜午後5時15分    

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度