ホーム > しごと・産業 > 新産業創造 > 「商品開発とデザイン~県内企業の開発事例発表~」成果報告会を開催します!

更新日付:2016年2月4日 新産業創造課

「商品開発とデザイン~県内企業の開発事例発表~」成果報告会を開催します!

売れるために、できること

 地方独立行政法人青森県産業技術センター弘前地域研究所では、県内中小企業等の商品開発力の向上と売れる商品づくりを目指して、平成27年度より「商品開発支援事業」を行ってきたところです。
 今般、幅広いデザイン事業を展開する株式会社GK京都の吉田治英氏を招待講師として、本事業の成果発表会「商品開発とデザイン~県内企業の開発事例発表~」を下記のとおり開催致します。

主 催

青森県、(地独)青森県産業技術センター弘前地域研究所

開催日時

平成28年2月18日(木)13時から16時45分まで(12時45分から受付を開始します。)

開催場所

(地独)青森県産業技術センター弘前地域研究所
〒036-8104 弘前市扇町1丁目1-8 TEL:0172-55-6740

プログラム

12時45分 受付 事業成果展示(取組事例、3企業・2大学)
13時00分 開会/挨拶  
 開会挨拶 青森県商工労働部
13時05分 招待講演
 
 「デザインの現場、そしてその価値」 株式会社GK京都 顧問 吉田 治英 氏
14時05分 製品企画ツール「V-Cup」を用いた商品開発支援について
 
 弘前地域研究所 生活デザイン部 工藤 洋司
14時15分 商品開発事例報告
 
 青森環境開発株式会社(フクシアンドフクシ)、鉄工房アール(ブレスト)、株式会社ソルテック(株式会社コンシス)
15時00分 休憩

15時10分 産学官共同商品開発プログラム1(弘前大学)
 
 ≪協力企業≫道の駅なみおか、海扇閣、でる・そーれ 座長:弘前大学人文学部教授 森 樹男 氏
 ≪商品・デザイン企画者≫弘前大学人文学部・教育学部 学生による3チーム
16時10分 産学官共同商品開発プログラム2(八戸工業大学)
 
 ≪協力企業≫有限会社静岡屋 座長:八戸工業大学感性デザイン学部准教授 横溝 賢 氏
 ≪商品・デザイン企画者≫八戸工業大学感性デザイン学部 学生による1チーム
16時40分 閉会 弘前地域研究所と次年度事業紹介
 
 閉会後、ご希望の方を対象に弘前地域研究所内部の見学会を行います。

講師紹介

吉田 治英 氏 株式会社GK京都 顧問 <プロフィール>
 東京教育大学(現筑波大学)芸術学科、工芸・工業デザイン専攻卒業。松下電器産業、住宅設備機器研究所をへて(株)GK京都入社、現在顧問。住宅機器、家具、ガラス食器からボート、船外機、水上バイクまで幅広いデザイン活動に従事。現在は防災デザイン、まちづくりデザイン活動にも参画、京都市防災マップ検討委員会委員、京都府「海の京都」実践会議委員等においてデザインの価値を広く社会に伝えるとともに、活性化された安全で美しいまちづくりに貢献できる活動を目指している。
 また最近は、伝統産業とデザインの協業を推進し、伝統産業の活性化とともに現代の生活にマッチしたものづくりの仕組みづくりに取り組んでおり、平成26年度京都府産業功労者表彰を受賞した。

参加料

無料

申込方法

■FAXによる申込み
 下記チラシの参加申込欄にご記入の上、新産業創造課(FAX:017-734-8115)に、切り取らずに送信してください。
電子メールによる申込み
 メール表題に「商品開発支援事業成果報告会参加申込」、本文に「企業名又は所属名」「連絡先電話番号」「氏名(ふりがな)」「所属部署名」「役職(お差支えなければ)」を記載の上、新産業創造課(sozoka@pref.aomori.lg.jp)あて送信してください。

開催案内(チラシ)のダウンロード

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

新産業創造課 産学官金連携推進グループ
電話:017-734-9379  FAX:017-734-8115

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度