ホーム > しごと・産業 > 新産業創造 > 産学官金オープンイノベーションサロン~八戸~を開催します

更新日付:2017年10月27日 新産業創造課

産学官金オープンイノベーションサロン~八戸~を開催します

「補助金活用先進事例」のご紹介~サポインを活用し、技術開発に取り組みました~

 公益財団法人21あおもり産業総合支援センターでは、県内の産学官金の「出会いの場」を設け、産学官金オープンイノベーションの推進による新産業・新事業の創出と県内ものづくり産業の高度化を図るため、平成29年11月29日(水)、八戸市において「青森県産学官金オープンイノベーションサロン~八戸」「八戸市革新的ものづくり企業連携交流サロン」を開催します。

 当日は、県内企業と支援機関・大学・金融機関等の連携を図ることを目的に、大学・支援機関との連携や外部資金(補助金)の獲得による先進事例を企業の方から具体的にご紹介頂きます。

また、東北経済産業局からも補助金獲得のポイントをお話頂きます。参加費は無料です。皆さまのご参加をお待ちしています。

主 催

開催日時

平成29年11月29日(水)15時30分から17時15分まで(交流会17時15分から18時15分まで)

開催場所

八戸商工会館 第1会議室(八戸市堀端2-3)

参集範囲

産学官金関係者 30名程度

プログラム

15時30分 開会
15時30分 サロン開催の目的紹介、東北経済産業局の説明

15時50分 取組事例紹介(1)
 
 株式会社IMUZAK(山形県山形市)
 光学設計技術と超微細加工技術を強みとして、山形県工業技術センターと連携して技術開発に取り組んでいる。H29にサポイン採択。
16時20分 取組事例紹介(2)
 
 株式会社コーア(弘前市)
 サポイン(H24~26年)を活用し、大学、公設試験研究機関との共同研究により高機能めっき技術の開発、事業化に取り組んでいる。
16時50分 パネルディスカッション

 講師達がサポインの取り組みについて語り合います。
 ファシリテーター:弘前大学上平コーディネーター
17時15分 交流会

 アルコール、軽食をご準備します。国・支援機関・大学・金融機関等との交流を深めませんか。

参加料

1,000円(ドリンク、軽食代実費として)

申込方法

■FAX又は電子メールによる申込み
 下記チラシの申込欄にご記入の上、公益財団法人21あおもり産業総合支援センター(FAX:017-721-2514又は電子メール:sougyou@21aomori.or.jp)に送信してください。

開催案内(チラシ)のダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

新産業創造課 産学官金連携推進グループ
電話:017-734-9379  FAX:017-734-8115

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度